第2回クラウドコンピューティングコンペティション

2010/2/18-1

今年も昨年に続きInterop Tokyoで「クラウドコンピューティングコンペティション」が開催されるようです。

発表資料によると、参加応募締め切りは3月19日(金)です。 昨年のクラウドコンピューティングコンペティションは、非常に興味深い発表が多かったので、今年は昨年以上に注目されるイベントになりそうだと思いました。

今年は昨年なかった未成年に関しての注意事項が追加されたのが個人的に印象的です。 18歳未満は親の同意が必要ということですが、この注意事項が追加されたのは、昨年このイベントにErlangでキーバリュー型データストアを開発した高校生が登場したからだと推測されます。

今年も発表を見に行きたいと考えています。 楽しみですね!

以下、発表資料に掲載されている文章です。

ネットワークコンピューティングイベントである「Interop Tokyo 2010」 (主催:Interop Tokyo 実行委員会)では、クラスタ技術、P2P技術、分散ストレー ジ技術、サービス・プロビジョニング技術の集大成として注目を集めるクラウド コンピューティング分野のより一層の活性化を図るべく、『クラウドコンピューティ ングコンペティション』を開催いたします。

当企画には、前述のようにクラウド分野の新技術を発掘し更なる活性化を図ることと 同時に、可能性を秘めた若いエンジニアに、クラウドコンピューティング・テクノロ ジに触れ、自らコードを書いて試せる環境を提供することで、その発想力やスキ ルを養ってもらうという目的もあります。 アイデアは2/9(火)よりInterop Tokyo オフィシャルWebサイトを通じて募集を開 始しており、6/2(水)に行われる厳しい審査を経て入賞を果たした技術は、 6/9(水)Interop Tokyo 2010の会場で表彰し、その場で、作成したコードのライ ブデモンストレーションを行ってご来場の皆様に披露します。

なお、検証・ライブデモ環境として、実行委員会が用意する環境 (Interop Tokyo 2010 会場に設置されるShowNet、StarBEDProjectが用意したクラウ ド)1000台(予定)を上限として提供します。

<詳細はこちら>
http://www.interop.jp/images/ccc_guidelines_for_applicants.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加募集に関する情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●参加概要

  • 自由課題での参加を募集。
  • 検証・ライブデモ環境として、実行委員会が用意する環境(Interop Tokyo 2010 会場に設置されるShowNet、StarBED Projectが用意したクラウド)を1000台(予定)を上限として提供。
  • ソフトウェアとしてmemcached,Hadoop,Hypertable,Overlay Weaverなどの提供を予定。※ただしミドルウェアをこれに限定せず。
  • 詳しい技術情報はエントリ受付後、応募チームにたいして開示。


●参加資格

  • 2名以上のチーム単位での参加。
  • オリジナルのプログラム、ツール群を持ち込むことを前提とする。
  • 以下の重要日程のうち、幕張メッセで行われる技術審査およびライブデモに参加することは必須。
  • 年齢や職業による規定は無し。ただし、未成年、18歳以下の学生/生徒が参加する場合には、参加必須の重要日程に平日が含まれるため、保護者の同意が必要。
  • 応募のために作成したコードを公開することを推奨。


●自由課題

クラウドコンピューティングに関する技術で、参加者の創造性を発揮するものを広く募集。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本企画に関するお問合せと参加応募先はこちら】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Interop Tokyo 2010実行委員会
クラウドコンピューティングコンペティション担当
TEL:03-5207-3206 (3月1日以降移転のため、03-6431-7800)
担当:鈴木・千葉・町田
メールでのお問い合わせ先:
mailto:Interop10-CCC@f2ff.jp

昨年のクラウドコンピューティングコンペティション記事

最近のエントリ

過去記事

過去記事一覧

YouTubeチャンネルやってます!