太宰治に学ぶ開発プロジェクト

2008/4/8-3

フィクションです。

そのままの物と微妙に変更しているものがあるので注意。 参考:Wikiquote太宰治


  • メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のクライアントを除かなければならぬと決意した。-『走れメロス』
  • 信実とは、決して空虚な妄想ではなかった。-『走れメロス』
  • 何もしないさきから、僕は駄目だときめてしまうのは、それあ怠惰だ。 - 『みみずく通信』
  • すべての思念にまとまりをつけなければ受注しない、そんなけちな根性をいったい誰から教わった?-『道化の華』
  • 夏までに完成させようと思った。-『葉』
  • 恥の多いソフトを世に送って来ました。-『人間失格』
  • プログラマ、失格。もはや、自分は、完全に、プログラマでなくなりました。-『人間失格』
  • いまは自分には幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます。-『人間失格』
  • 眼鏡をとって、ディスプレイを見るのが好きだ。全体がかすんで、夢のように、覗き絵みたいに、すばらしい。-『女生徒』
  • 泣いてみたくなった。うんと息をつめて、目を充血させると、少し涙が出るかも知れないと思って、やってみたが、だめだった。もう、激しいドライアイになったのかも知れない。-『女生徒』
  • 人は人に影響を与えることもできず、また、人から影響を受けることもできない。-『もの思う葦』
  • 当りまえのコードを当りまえに書く。-『もの思う葦』

最近のエントリ

過去記事

過去記事一覧

YouTubeチャンネルやってます!