TCPで語る愛(ストーカー風)

2007/4/4

君を愛している。本当なんだ。信じてくれ。 君にconnectしてsendしているときが人生で最も幸せな瞬間だ。

でも、今、僕は君にconnectできない。 僕がSYNを送っても君はICMP port unreachを返してくる。

君が先にcloseしてFINを送ってしまったから、 TIME_WAIT状態になっていてbindが出来ないのだろうか? setsockoptでSO_REUSEADDRをしていないのではないだろうか?

そういえば最後は君のwindowサイズが0になっていた。 君は僕のデータをもうrecvをしてくれなくなってしまったのだろうか? 口論の時に僕が送信したICMP source quenchで怒らせてしまったかい?

君が二度とlistenしてくれないかもしれない事を想像すると夜もsleep出来なくなる。 このままではnmapで、どのポートが空いているか調べてしまうかも知れない。 嫌われてしまうかも知れないから、ステルススキャンをしてしまうかも知れない。

最近はICMP port unreachも返ってこなくなってしまった。

君のIPアドレスが変わってしまったのだろうか? 今ほどモバイルIPが普及していれば良いのにと思った瞬間はない。 でも、実はもしかしたらDynamic DNSで十分なのかもしれない。

いや、そもそも、僕はdeny allされてしまったのだろうか?

いやいや、先進的な君のことだ、IPv4を使うのをやめてIPv6へ完全に移行しただけかも知れない。

お願いだ、acceptしてくれ。 もう一度windowを共有させて欲しい。 僕のwindow sizeはいつでも65535だ。 必要ならばscale optionでもっと大きくしてもいい。

参考

僕のコンピュータよりも君を愛している

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!