Twitterハッシュタグは誰のものか?

   このエントリをはてなブックマークに登録    2009/10/16-1

Twitter上でハッシュタグが被って炎上中のようです。

事の発端はKDDIによる「AU公式アカウント」が10月19日のために本日Twitterアカウントを作成して「#au2009」タグで発言を始めたことがトリガーになっています。

http://twitter.com/au_official

どうも「#au2009」はAutodeskという会社が11月12日に行うイベントで使おうとしていたハッシュタグのようです。

結果としてKDDI AU側が「後から来た」形になっていたのですが、批判を受けたau_officialアカウントが以下の発言をして火がついたようです。

ハッシュタグにつきましては、すでに多くの方にいまのタグでご協力いただいている状況なので、このまま継続することさせていただきます。ご指摘いただいてありがとうございました #au2009
http://twitter.com/au_official/status/4912509576

その後に、次のような発言をされているようなので、恐らく全てが計画されていて、今更ハッシュタグを変更できる状況では無くなっているのではないかと勝手に推測しました。 実際の所はわかりませんが、印刷物に載っているとか、広告クリエイティブに入ってるとか、台本に書いてあるとか、そんな感じでにっちもさっちもいかないような雰囲気を微妙に感じました。

もう少ししたら、モバイツイッターで広告が出ます!携帯電話からTwitterを見ている方、そちらもチェックしてみてください!! #au2009
http://twitter.com/au_official/status/4912682374

au_official側の発言をうけて、抗議者の一部が「#antiauofficial」というハッシュタグで抗議活動を開始したようです。

http://search.twitter.com/search?q=%23antiauofficial

ハッシュタグが被って、どちらかがハッシュタグを変更するという状況は何度か見ていますが、ハッシュタグが被った事でプチ炎上したのを見たのは初めてでした。

どう思います?

今回の、このちょっとしたプチ炎上は実は色々と難しい問題を抱えていると思われます。

まず、現在のTwitter上のハッシュタグは誰の所有物でもありません。 また、Twitterは世界中にユーザが居るので、日本国内だけではなく、国外とも被る可能性があります。

「調査不足」という声も出ていますが、例えば、数ヶ月前から準備をしていて印刷物や広告クリエイティブにハッシュタグを入れてしまって変更できないという可能性もあります。 例えば、「調査」をしたときには空いていたけど、実現前になったら誰か他の人が使っていたという場合です。 Twitterを宣伝に利用したいという組織が増えれば、どうようの問題が頻発する可能性もあるのかも知れません。

偶発的にハッシュタグが被るのではなく、意図的にぶつけたり、既存のハッシュタグにたいして書き込みを行うという妨害行為も容易に行えるという問題もあります。 例えば、イベントを妨害するために、イベント開始とともに嫌がらせ投稿を大量に送る事も出来てしまいます。 昔であれば、イベントに使うサーバは自分の管理下にあるものを使って、荒らしコメント制御などに細心の注意をはらうというのが一般的だったと思います。 しかし、Twitterを使う場合、イベント運営者側はTwitter上で何かを制御できるわけではないので、妨害行為を防ぎようがありません。 様々な企業がTwitter上でハッシュタグを使い始めていますが、実は結構あぶないと思います。

今後、利用者が増えて行くと、このような問題も徐々に増えて行くのかも知れないと感じた今日この頃です。

関連

Twitter関連過去記事一覧

追記

ハッシュタグ「#au2009」競合問題に見るKDDI広報の対応の不手際さ : さまざまなめりっと

追記:16日24時頃

@au_official : ハッシュタグの件、ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
http://twitter.com/au_official/status/4917471235

@au_official : 一度はハッシュタグ「 #au2009 」を継続すると申し上げましたが、皆様にご指摘いただいているとおり、ハッシュタグを「 #au_official2009 」に変更させていただきます。
http://twitter.com/au_official/status/4917510236

@au_official : 今まで「 #au2009 」を使っていた皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、引き続き、au_officialを宜しくお願い致します。 #au_official2009
http://twitter.com/au_official/status/4917531827
   このエントリをはてなブックマークに登録   



トラックバック

hashtagは誰のものでもない [metator clips]
面白いイベントだね。そうだね。同じ会場にいる他の人のpostも見てみたいね。あれ、検索しても網羅性に欠けるね。そもそもキーワード単位の検索じゃ無理があるよ。それならばタグをつけてみようか。hashtag、ていう呼び名はどうかな。いいね、今度から僕も使ってみるよ。 そ....

コメント

koyhoge
「乗っ取られた」側の @AU_Online が、最初に #AU2009 タグを使ったのは、今年の 5/2 のようです。

http://twitter.com/AU_Online/status/1673564879

これでは @au_official はさすがに調査不足の非難は免れないでしょう。
p-article
ハッシュタグにはオーナーが存在しないということは、ハッシュタグが利用されはじめたころからわかっていたことなんですよね…

システム上担保されていない仕組みなので、先に使ったから既得権があるわけでもないし、なにをいまさら…という気もしなくもないんですが。

こういった重複利用のほかに、不規則発言によるのっとりとかもできてしまうので、メンバー管理ができないシステムをイベント等で使っているのはどうかなと感じております。

以前、とあるイベントでオフィシャルで用意したツールにいちゃもんをつけてなんでTwitter使わないのかと騒いでいたクラスターがあって、なんだかなーと感じたことがあります。
だるや
ちょっと前にも、東京ゲームショウで#tgs09 のハッシュタグをつけて発言すると「ファミ通」のケータイサイトに発言が表示されるなんてこともありました。
エンターブレインのイベントでも無いのに#tgs09では、なにか違和感がありましたよ。
#au_official2009が荒れなかったのかが気になるところ
偽りの者
空気の読めないコメントを残します。(苦笑)

今回のプチ炎上、ユーザー間で主張が食い違っている様な気がします。
auへ抗議する方は、ハッシュタグが被った事が「他のユーザーに迷惑」という主張を、
抗議者へ批判する方は、「@au_officialは初心者」、「タグは所有物じゃない」という主張をしているように感じます。

抗議者に関して色々と見てみると、最初の人が所有物という主張は『していない』そうです。

過剰反応したモラルを守ろうとするユーザーが出現し、その発言の真意を誤って受け取ったために、炎上が起こってしまったのだと思います。
そう考えると、誰のもの云々と言うよりも、ネット上では良くある問題だと思いました。
hiir
ハッシュタグ #AU2009 をつけて post されていた Autodesk University の宣伝にあるリンクをたどって出てくるのは、Autodesk University 2009 (12/1から3日間 Las Vegas にて開催) の方で、Autodesk University Japan 2009 ではありません。
例: http://twitter.com/AU_Online/statuses/4864975132

AUJ09 の方は、twitter での宣伝活動は行っていないようです。
だれにでも思いつくような問題提起だけだが、
結局、あきみちくんはどう思うの?

>今後、利用者が増えて行くと、このような問題も徐々に増えて行くのかも知れないと感じた今日この頃です。
↑だけ?
attlee
大手企業がハッシュタグのような、荒らし放題で制御できない仕組みを使って宣伝しようと思ってしまえるって事は
ついったー自身がまだまだ全然流行っていないから出来る事なんだよね。
だから荒れに関してはこれっぽっちも心配ないと思うよ。

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

インターネットのカタチ もろさが織り成す粘り強い世界
「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界 -」関連資料

マスタリングTCP/IP OpenFlow編
「マスタリングTCP/IP OpenFlow編」関連資料

Linuxネットワークプログラミング




外部サイト

プレコ王国
ディスカス魂
金魚タイムズ
YouTubeチャネル
Twitter
Facebook

フィードメーター - Geekなぺーじ
Copyright (C) Geekなページ.
All rights reserved. 無断転載や無断コピーなど、私的利用の範囲を逸脱した利用はおやめ下さい.