「センス」じゃない!誰でもできる俊敏な動作入門

40歳になりましたが、最近、たまに趣味でフットサルをやるようになりました。私は、一度やりはじめると、色々と調べたくなる性格のようで、仕事からの現実逃避として体の動かし方を勉強したり、筋トレや動きのスキルを練習することが増えました。トレーニングを自分でやりはじめて1年ぐらいですが、20代のときよりも走れるようになったと思います。

色々と調べていると、いままでスポーツに関して多くの人々が「センス」とか「才能」という単語で済ませていたことが、実は後天的に身につけられる「技術」であることがわかりました。素早い動きをするための技術というものがあるのです。

続きを読む...

世界的なインターネット障害が発生

6月20日に世界的な通信障害が発生しました。先日、このブログの「金と力のインターネット」という記事で「超巨大バックボーンネットワークを持つ組織同士(ティアワン)」を紹介しましたが、世界第2位の規模(参考)を持つティアワンであるスウェーデンのTeliaが通信障害を起こしたのです。

TheRegisterの記事によると、Teliaの通信障害の原因をエンジニアによるミスであるようだと記載しています。ヨーロッパ中のトラフィックが香港に向けて流れるように基幹ルータの設定を変更してしまったとあります(BGPの設定ミス?)。

続きを読む...

「安く早く」が崩壊しかけてるかも

日本国内でトップレベルのセキュリティ専門家である徳丸浩さんが、Twitterで「何度でも言うが、自力でトラブルシューティングできない人や組織は、自前でWordPres立ててはいけない」と発言したことが話題になっています。

それぞれの方々のご意見を拝見した限り、「自前でWordPres立ててはいけない」という表現に対して「ダメって言うな!」や「じゃあ、どこで経験つめばいいの?」といった論点での反論は多い一方で、「インターネットは超荒波だから気をつけようね」という点に関しては見解が一致してそうだと思います。今のインターネットの荒波がどれぐらいかというと、最後は主人公たちが乗っていた漁船が荒波に飲まれて全員死亡というパーフェクトストームという映画ぐらいのレベルだという感想を個人的に持っています。

続きを読む...

金と力のインターネット

「ユーザがインターネットサービスプロバイダにお金を払う」という部分をイメージできる方々は多いと思いますが、インターネットサービスプロバイダは、どこにお金を払ってインターネットとつながっているのでしょうか?

普段インターネットを利用していると、忘れがちですがインターネットそのものも誰かが運用しています。そして、その運用にはお金がかかりますが、誰がどのように経費負担をするのかに関しては「金と力」が影響します。金と力のバランスによって、インターネットは日々形を変えているのです。

続きを読む...

IPv6理解のための3つのポイント

世界中でIPv6対応が進んでいます。昔は「次世代インターネットプロトコル」と言われていたIPv6ですが、「次世代」ではなく、既に現実として運用されるプロトコルへと成長しました。2016年6月から、iOSアプリの審査基準としてIPv4に依存するコードの禁止が追加され、IPv6対応をiOSアプリの義務なったことからも、IPv6に関する知識が必須となったエンジニアも多いのではないかと思います(Appleの発表)。

IPv6といえば、IPv4で32ビットだったIPアドレスが128ビットへと増えたということ以外は特に知らない方々も多いと思います。ここでは、そんな方々に向けて、IPv6理解のための3つのポイントを紹介をします。

続きを読む...

ブログを書かなくなって1年

こんにちは。あきみちです。先日、Interop取材に関連する記事を久々に書きましたが、その記事が2016年初の記事になってしまっていました。気がつけば、1年近くブログに文章を書いてなかったのです。1年ぐらいブログを書いていないと、日常的な付き合いがない方々にとっては「生存不明」と映るらしく、何人かの方々に「生きてたんだ」よかった、みたいな反応を頂いています。

この6月で気がついたらサイト開始から10年が経過しています。この10年は、私のサイト以外では世界のどこにも公開されていない情報色々と扱えたという自負はあります。個人ブログでありつつも、省庁で使われる資料などで一次ソース扱いされたり、個人ブロガーとして企業や省庁などに独自取材を実現しました。

続きを読む...

Interop Tokyo 2016取材記事

ご無沙汰しております。あきみちです。

気がついたら、1年間全くブログを書いてませんでした。今年はツチノコブログでInterop取材記事を書きました。以下、Interop Tokyo 2016取材記事一覧です。

続きを読む...

「著作権侵害サイト遮断 政府が導入検討、海外経由に対応」に関して

日本経済新聞に、以下のような記事が掲載されています。

政府はインターネット上に氾濫する著作権侵害サイトへの接続を強制的に遮断できる仕組みを検討する。内閣官房の知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)に今夏にも有識者会議を新設。通信事業者や大学の専門家と連携して2016年3月にも決める。取り締まりが難しい海外サーバーを使った侵害サイトに対応できるようにする。

2010年頃の議論を振り返る

続きを読む...

SAMURAIによるTier 1 Scrubbing Center【INTEROP Tokyo 2015】

ShowNet2015で行われているSAMURAIによるDDoS攻撃ミティゲーション(Mitigation/軽減)が面白かったです。 SAMURAIがShowNet2015で行っているDDoS攻撃ミティゲーションは、以下の2種類あります。

  • Tier 1 Scrubbing Center
  • オンサイトDDoS攻撃ミティゲーション

ShowNet2015で行われているTier 1 Scrubbing Centerデモ

ShowNet2015で行われているTier 1 Scrubbing Centerデモ

この記事では、主にTier 1 Scrubbing Centerの紹介をします。

続きを読む...

ネットワークセキュリティ山盛り。INTEROP ShowNet 2015のみどころ

INTEROP Tokyo 2015におけるShowNetは「Ultimate Balance」というテーマで構築されています。公式サイトには、以下のように書かれています。

簡潔性、柔軟性、高信頼性のバランスが奏でる次のインターネットのカタチ

続きを読む...

HTTP/2がRFCに

IETF HTTP Working GroupのChairであるMark Nottingham氏が、ブログで「HTTP/2 is Done」というタイトルで、HTTP/2がRFCとして公開されると述べています(番号はまだ発表されていません)。

HTTP/2は、GoogleのMike Belshe氏とRoberto Peon氏がSPDYのプロポーザルをIETFで提案したことから開始しています。IETFのhttpbis Working GroupにSPDY Protocolが提案されたのが2012年2月(draft-mbelshe-httpbis-spdy-00)なので、それから約3年です。

続きを読む...

社長自らが考えたビットアイル第5データセンター

ビットアイルが文京区に建てた新しいデータセンター(第5データセンター)の記者発表会に参加してきました。 第5データセンターは、住宅地に隣接しているので騒音対策が求められるなど、建物等に対する各種制約が存在しますが、そういった制約のなかで最大限のエネルギー効率と経済効率性を目指した設計なのだろうと思えました。

社長のアイデア


株式会社ビットアイル 社長 寺田氏

続きを読む...

他人のiPadでApp Storeをクリックした少年

この前、4月から小学生になる知人の息子が近くで遊んでました。親が近くにいないときに、次のような会話が行われました。

  • 少年「暇だから遊ぶものが欲しい。マインクラフトをやりたい。」
  • 私「残念ながら、いまここにマインクラフトは無い。」
  • 少年「iPadを持っているならマインクラフトをいますぐ買って欲しい。」
  • 私「このiPadは仕事で使っているものだからダメ。」
  • 少年「このボタンを押せばゲームを使えるようになるよ!(横からApp Storeをクリック)」
  • 私「ちょっと待って。やめなさい。」
  • 少年「ねぇ、ゲームをやらせてよーーー」

知人の子供がこのようなことを言ったうえで、ひとの持っているタブレットをいきなり操作し始めたのを見て、最初は「この子の親って。。。」という感想を持ちました。単に、その少年が信じられないぐらい図々しいだけだと思ったのです。

続きを読む...

切断された北朝鮮インターネットの規模

Dyn Research(旧renesys)が、約9時間半にわたり北朝鮮がインターネットから切断され続ける状態が続いていたというブログ記事を公開しています。

同記事では、実際にどのような理由でインターネットの接続性が不安定になったのかは不明であるとしています。

続きを読む...

AkamaiがGoogle Public DNSに対応

Google Webmaster Central Blogで、AkamaiがGoogle Public DNSに対応したことが公表されています。この対応が行われるまでは、Google Public DNSを利用することによって、大手Webサイトの表示やiOSのダウンロード速度が低下しがちだったのが、これによって改善するかも知れません。

Google Public DNSがサービスを開始したのは2009年です。スノーデン事件の影響で利用者数が減った地域もあったという調査結果も2013年にあったものの(参考)、Google Public DNSユーザが世界中で非常に多いようです。たとえば、先月公開されたAPNICのブログでは、全世界で約10%のユーザがGoogle Public DNSを利用している可能性を示唆しています。

続きを読む...

AS番号申請のマルチホーム要件撤廃案

これまで、BGPの運用を開始することは、すなわちマルチホーム化であるという暗黙の前提がありました。そのことは、AS番号(ASN)を申請する際の条件にもあらわれています。

技術的な視点でみたとき、BGPそのものはマルチホームでの運用が必須ではありません。しかし、BGPを利用してインターネットの一部になるためにはAS番号の割り当てを受けるには、最低2つのASとのBGP接続ができることを申請時に示す必要があります。

続きを読む...

iOS 8配信におけるApple独自CDN活用範囲

先月、iOS 8の配信を行うためにApple独自CDNが活用されました(参考)。ただし、iOS 8の配信全てがApple独自CDNのみで行われたわけではありません。

インターネットの構造に関する調査研究をされているNTTコミュニケーションズ 技術開発部 亀井聡氏に当時の計測結果を伺いました。

続きを読む...

尋常性白斑が少しだけ治りかけてる

2008年に、自分が尋常性白斑という病気にかかっていることに気がついたのですが(参考)、先月ぐらいから手の甲にある白斑が徐々に回復しつつあることに気がつきました。

最初は、白い部分の中に色素が存在する小さな点が2つできていたのですが、徐々に点の面積が増えて行き白い部分が減っています。同時に、色素が抜けた部分と抜けていない部分の境界線部分も外側から内側に向けて色素が復活しつつあります。

続きを読む...

米国のイノベーションと軍事予算 - シリコンバレー誕生秘話

昨日、ノーベル物理学賞を受賞した中村修二教授の記者会見記事が公開されていました。

その記事には、以下のように、軍の予算を獲得するために必要だったので米国籍を取得したとあります。

--米国籍を取得した理由は。

「こちらの大学で研究する上では、米国籍がないと軍の予算がもらえないし、軍に関係する研究もできない。それで市民権を取得した」

続きを読む...

IT系の編集者・雑誌・記者・ライターが激減している

IT系の編集者・雑誌・記者・ライターが減っている

アスキー系の技術書が今後は出版されなくなる、もしくは、刊行点数が激減しそうです。以下のブログ記事で、9月末をもって株式会社KADOKAWAがアスキー系の書籍編集部をいくつか廃止・解散していたことが述べられています。

株式会社KADOKAWAは、9月末をもってアスキーブランドの書籍を作っていたいくつかの編集部を廃止・解散しました。これに伴い、私(鈴木嘉平)が編集長を務めていたハイエンド書籍編集部も解散しました。この件について、株式会社KADOKAWAからは特にアナウンスなどは行わないということです。
誤解しないでいただきたいのですが、これはアスキーの本がなくなるということではありません。週刊アスキーもASCII.jpも存続していますし、これからもアスキーの雑誌・書籍は発売されます。また、9月までに刊行された本は今後も継続して販売されます。
ただ、これまでよりも刊行点数は少なくなるでしょうし、私が作ってきたような技術書が出版されるかどうかはわかりません。少なくとも、ハイエンド書籍編集部から10月以降に刊行するはずだった企画はすべて中止になっています。

つい最近、私も同社から新書を出版しているのですが、私が関わっているのはアスキー系の部署ではないので、現時点では私に直接は関係がない話です。しかし、これまでアスキーの本を買ったり読んだりしてきた一読者として寂しい気持ちになりました。

続きを読む...

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

インターネットのカタチ もろさが織り成す粘り強い世界
「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界 -」関連資料

マスタリングTCP/IP OpenFlow編
「マスタリングTCP/IP OpenFlow編」関連資料

Linuxネットワークプログラミング




外部サイト

プレコ王国
ディスカス魂
金魚タイムズ
YouTubeチャネル
Twitter
Facebook

フィードメーター - Geekなぺーじ
Copyright (C) Geekなページ.
All rights reserved. 無断転載や無断コピーなど、私的利用の範囲を逸脱した利用はおやめ下さい.