Lispは神の言語

   このエントリをはてなブックマークに登録    2007/8/20

神はLispで世界を創世したそうです。 歌詞を聴かなければ、普通のフォークソングに聞こえてしまうのが凄いと思いました。

Bob Kanefsky, "Eternal Flame" : MP3

歌詞 : 原文

gnu.org : Eternal Flame (song parody)より。


 I was taught assembler
 in my second year of school.
 It's kinda like construction work --
 with a toothpick for a tool.
 So when I made my senior year,
 I threw my code away,
 And learned the way to program
 that I still prefer today.

 Now, some folks on the Internet
 put their faith in C++.
 They swear that it's so powerful,
 it's what God used for us.
 And maybe it lets mortals dredge
 their objects from the C.
 But I think that explains
 why only God can make a tree.

 For God wrote in Lisp code
 When he filled the leaves with green.
 The fractal flowers and recursive roots:
 The most lovely hack I've seen.
 And when I ponder snowflakes,
 never finding two the same,
 I know God likes a language
 with its own four-letter name.

 Now, I've used a SUN under Unix,
 so I've seen what C can hold.
 I've surfed for Perls, found what Fortran's for,
 Got that Java stuff down cold.
 Though the chance that I'd write COBOL code
 is a SNOBOL's chance in Hell.
 And I basically hate hieroglyphs,
 so I won't use APL.

 Now, God must know all these languages,
 and a few I haven't named.
 But the Lord made sure, when each sparrow falls,
 that its flesh will be reclaimed.
 And the Lord could not count grains of sand
 with a 32-bit word.
 Who knows where we would go to
 if Lisp weren't what he preferred?

 And God wrote in Lisp code
 Every creature great and small.
 Don't search the disk drive for man.c,
 When the listing's on the wall.
 And when I watch the lightning burn
 Unbelievers to a crisp,
 I know God had six days to work,
 So he wrote it all in Lisp.

 Yes, God had a deadline.
 So he wrote it all in Lisp.

歌詞 : 訳

歌詞を訳してみました。 (一部訳せていない部分があります。) 間違ってそうなので、間違いに気がついた方はご指摘して頂ければ幸いです。

直訳ではなく、音楽に合わせた歌詞にすれば日本語でカラオケなどで歌えそうな気もするのですが。。。 難しいですね。。。 1行目で挫折しました。


 アセンブラは2年生で習った。
 爪楊枝で建築をするようなものだった。
 だから、大学4年でコードを全部捨ててしまった。
 そして、今でも好きな言語を習った。

 インターネットにはC++を崇拝するものがいる。
 奴らは、C++は凄くて、神が使うのはC++だと言っている。
 確かにCからオブジェクトを掘り起こす事ができる。
 でも、木を作れるのが神だけである理由もそこにある。

 神は葉を緑にするときにLispでコードを書いた。
 フラクタルで花を生成したり、
 再帰的な根は今まで見たhackの中でも最高だ。
 雪の結晶は二つと同じものが無い。
 神は4文字の言語が好きだということを、私は知っている。

 私はUnixでSUNを使っていたからCが出来る事は知っている。
 Perlを探求したし、Fortranが何のためにあるかも知った。
 Javaは完全にマスターしたし、
 COBOLのコードを書くのは地 獄でSNOBOLを書くようなものだ。
 そして、基本的に象形文字は嫌いなのでAPLは使わない。

 神はこれらの言語を全て知っている。
 ここで名前を出さなかったものも知っている。
 でも、神はスズメが落ちても肉体を再度(再帰)得られるようにしたし、
 32bit wordでは砂は数えられなかった。
 神がLispを望まなければ、世の中はどうなっていたと思う?

 そして神は大小全ての生き物をLispで書いた。
 Don't search the disk drive for man.c,
 When the listing's on the wall.
 And when I watch the lightning burn
 Unbelievers to a crisp,
 神は6日間で仕事を終えなければならなかった。
 だからこそLispで書いた。

 そうだ。神には〆切りがあったんだ。
 だからLispで全部書いたんだ。

追記:2007/8/21

Lispの名言が凄すぎる

   このエントリをはてなブックマークに登録