変態願望

2008/9/11-2

「変態」であることを喜ぶ人が結構います。 「自分は変態だ!」と誇らしげに主張したり、「変態!変態!変態!!!」と言われてにっこりとします。

「人とは違う個性がある」という表現と「変態」はかなり近いのではないかと感じる事もあります。 英語圏で一昔に「I am a geek」と言っていたり、最近では「I am a nerd」と言っているのと同じようなものかも知れません。 日本では自分を「○○オタ」と言うのも同様です。

ただし、この「好まれる変態」というのは非常に微妙なバランスの上に成り立っています。 ドン引きするようなハードコア変態ではなく、非常にライトでカジュアルな「変態」が好まれます。 (ドン引きするようなコアなハートは世間体を気にして表に出していないだけかも知れませんが。。。)

また、「変態」呼ばわりする人が誰であるかというのも重要です。 ある程度仲が良い人から「変態」と言われるのは褒め言葉になりますが、全くの見ず知らずの人に「変態」と言われると傷つくかも知れません。

今度、個性的な人を「変態」呼ばわりしてみて下さい。 きっと喜んでくれます。 ただし、それによって友人関係や信頼関係が崩れる可能性もあります。 人を「変態」と呼ぶときには細心の注意を払いつつ、自己責任でお願いします。

なお、「変態」よりもライトでカジュアルな表現として「変人」というものがあります。 状況に応じて「変人」と「変態」を使い分けるのも一興です。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!