広告表示における注意点

ブログを運営していると広告を表示したくなる事も多いと思います。 広告を表示すると収入が発生するかもしれないというメリットがあります。 一方で、デメリットも存在します。 ここでは、ブログに広告を掲載することによって発生するかもしれないデメリットや、広告掲載時の注意点を述べたいと思います。

そもそも広告を表示しても良いか

現在利用しているブログサービスを使って広告を表示しても良いかどうかの確認を行った方が良いです。 広告を表示してはいけないサービスも存在しており、利用規約に違反してしまいます。 サービスによっては有料サービスに移行すれば広告掲載が可能になる場合もあります。

また、したくても広告を表示できない場合もあります。 広告表示の可否は可能な限りブログを運用する前に確認しておきましょう。

自動的に出る広告の質

ブログの各ページに書いてある内容を自動的に解析して、マッチした広告を表示するタイプのインターネット広告があります。 このような広告では、ユーザが広告を選べないこともあります。

自動的に表示される広告の質は、広告を仲介するサービスプロバイダに依存します。 広告を仲介するサービスプロバイダが、ブログ運営者の意図に反する内容の広告を表示される事もあります。 そのような広告が表示されることによって、ブログの品位や品格が疑われるたり、ブログ運営者の評判が悪くなる事もあり得るので注意しましょう。

競合する企業の広告

自力で営業活動をして掲載する広告を取得できた場合に注意しなければいけないのが、競合する企業同士の広告を同時に扱わない事です。 多くの企業は、競合する他社の広告が並列して掲載される事を大変嫌います。

最悪の場合、掲載した側の悪評がたってしまったり、以後相手にしてくれなくなるかもしれないので気をつけましょう。 このような問題を発生させないためにも、競合する企業同士の広告営業に同時に行くのは控えた方が良いかもしれません。

アフィリエイトの条件

アフィリエイトリンクによる収入を目指す場合、各キャンペーン毎に異なる条件がある場合があります。 複雑な条件を満たさなければ収入にならないものも存在するので、アフィリエイトリンクを作成する前に十分報酬発生条件を確認しましょう。

わかっているつもりでも、勝手に勘違いをして収入を逃す事もあるので注意しましょう。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!