アプリケーションIDを取得する

ここでは、Yahoo! APIを使う前の準備を説明したいと思います。

Yahoo! APIを使うための準備

Yahoo! APIを使うためには、アプリケーションIDが必要です。 アプリケーションIDは、Yahoo! Developer Networkのページから取得できます。 「左側にあるアプリケーションIDの登録」と書いてある部分をたどると登録画面になります。 アプリケーションIDを取得するには、Yahoo Japan IDが必要です。 Yahoo! Japan IDを持っていない場合でもアプリケーションID取得ページから、Yahoo! Japan IDを取得すれば大丈夫です。 Yahoo! Japan IDを取得するにはメールアドレスが必要です。

Yahoo! Japan IDとアプリケーションIDの両方が揃えばYahoo! APIを使えるようになります。

利用制限

各サービスには利用回数に対する制限があります。 利用制限はアプリケーションIDではなく、IPアドレス毎に管理されています。 制限回数は利用開始から24時間でリセットされます。 例えば、制限回数が5000回のサービスに対して、ある特定のIPアドレスから3時間かけて5000回のリクエストを送った場合、利用を再開できるのは最初のリクエストから24時間経ったときです。 言い換えると、5000回のうちの1回目から24時間後に制限回数は0にリセットされます。 利用回数が5000回以下の場合でも1回目から24時間後には利用回数はリセットされて0になります。

制限回数はサービス毎に異なります。 例えば、Web検索サービスは一日5000回までになっています。(12月1日現在)。


YouTubeで技術解説やってます!