Memo2D (Layout XML)

複数行の文字列を表示する領域です。


<Memo2D
   w=int h=int
  [x=int] [y=int]
  [alignment=left|center|right]
  [buf_size=int]
  [font_size=int]
  [lines_max=int]
  [spacing_h=int] [spacing_v=int]
  [str=text]
  [exceed_dot=int]
  [scroll=0|1]
  [fade_frames=int]
  [wordwrap_mode=auto|on|off]
/ >

w (required)

この領域全体の幅。 単位はピクセル。 1文字よりも大きな値にする必要がある。

h (required)

この領域全体の高さ。 単位はピクセル。 1文字よりも大きな値にする必要がある。

x (optional)

テキスト領域の左上位置のx要素。 単位はピクセル。 基点は親ノードの中心位置(左上ではないので注意)。 デフォルト値は0。

y (optional)

テキスト領域の左上位置のy要素。 単位はピクセル。 基点は親ノードの中心位置(左上ではないので注意)。 デフォルト値は0。

alignment (optional)

文字列のアラインメント。 left(左), right(右), center(中央)が設定可能。 デフォルト値は左(left)。

buf_size (optional)

文字列バッファのサイズ。 単位はバイト。 デフォルト値は1024。

font_size (optional)

フォントサイズ。 単位はピクセル。 デフォルト値は16。

lines_max (optional)

行数の最大値。 デフォルト値は、テキストフィールドの高さに入る行数の最大値。

spacing_h (optional)

水平方向での文字間スペース。 単位はピクセル。 デフォルト値は0。

spacing_v (optional)

垂直方向での文字間スペース。 単位はピクセル。 デフォルト値は4。

str (optional)

テキストフィールドに表示される文字列。 デフォルト値はnull。

exceed_dot (optional)

入りきらずに切られてしまう文字を「...」にするか、そのまま切るかを設定。 デフォルト値は0(しない)。 「...」に変換する場合は1を設定。

scroll (optional)

文字をスクロールするかどうか。 1にすると文字がスクロールする。 デフォルト設定は0(スクロールしない)。

fade_frames (optional)

文字列に対するフェード効果の速度。単位はフレーム。 デフォルト設定は11。 システムへの負荷を軽減するために0が推奨値。

wordwrap_mode (optional)

自動改行を有効にするかどうか。 onは自動改行あり。offは無し。autoはシステム依存。 デフォルト設定はauto。 APPLICASTでは、autoはoffを意味する。

YouTubeチャンネルやってます!