ipv6 install

ここでは、WindowsXP(ウィンドウズXP)でIPv6環境を初期化して、IPv6を使い始める方法を説明したいと思います。

IPv6環境を使えるようにする

Windows XP以降には、IPv6機能が含まれています。 しかし、出荷状態ではIPv6機能はDisableされているため、IPv6を使うには、IPv6環境をEnableしなければなりません。 IPv6環境をEnableするには、コマンドラインで「ipv6 install」を実行します。 「ipv6 install」を一度実行すると、何度リブートしてもIPv6環境はEnableされたままになっています。 そのため、「ipv6 install」は一度行えば十分です。

IPv6環境を使うのをやめる

一度IPv6環境をEnableした後に、環境によってはIPv6をWindows全体で使えなくしたいと思うこともあると思います。 そのようなときには、コマンドラインで「ipv6 uninstall」を実行するとIPv6はDisableされます。 このコマンドを一度実行すると、何度リブートしてもIPv6環境はDisableされたままになります。 もう一度IPv6環境をEnableするには、「ipv6 install」をコマンドラインで実行してください。

IPv6環境を使うのをやめたい理由で多いのが、「EnableしてみたけどIPv6で通信することがなかった」「IPv6環境がなくなった、使わなくなった」「IPv6でDNSを引きに行くとすごく遅い」などだと思います。 IPv6が普及するかどうかは不明ですが、存在を知ることは重要であると思います。

YouTubeで技術解説やってます!