selectと組み合わせる

ここでは、Google Maps JavaScript APIとselectフォームを連動させる例を説明したいと思います。

サンプル

このサンプルは、selectフォームで選択されている内容が変更される度に地図の種類を変更します。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    var marker;

    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var latlng = new google.maps.LatLng(36, 140);
      var opts = {
        zoom: 6,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);
    }

    // selectの内容が変更されると呼び出されるfunction
    function selectchanged() {
      // selectのオブジェクトを取得
      var sl = document.getElementById("sel");
      var value = sl.options[sl.selectedIndex].value;

      if (value == "r") {
        map.setMapTypeId(google.maps.MapTypeId.ROADMAP);
      } else if (value == "s") {
        map.setMapTypeId(google.maps.MapTypeId.SATELLITE);
      }
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map" style="height:360px"></div>

    <!-- 選択に応じて地図の種類が変更される -->
    <p>
    <select id="sel" onChange="selectchanged()">
      <option value="r" selected>道路地図</option>
      <option value="s">衛星地図</option>
    </select>
    </p>
  </body>

</html>

上記サンプルでは、「sel」という名前がつけられたselectフォームの内容が変更される度にselectchanged()というfunctionが呼び出されます。 selectchanged()内では、selectフォームによって選択されている項目に応じてsetMapTypeId()メソッドを利用して地図の種類を変更しています。

表示例

表示例です。