パスに沿って高度情報を取得する

前述した「高度情報を取得する」では、ElevationServiceのgetElevationForLocations()メソッドを利用して2地点のサンプルを取得する方法を紹介しました。 ここでは、getElevationAlongPath()メソッドを利用して、パス間にある複数地点の高度情報を取得する方法を紹介します。

サンプル

このサンプルは、3点で構成されるパスを指定し、その間の高度を10箇所表示するように指定しています。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    var elev;
    
    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // 高度を取得する位置情報の配列
      var latlng = new Array();
      latlng[0] = new google.maps.LatLng(35.36658, 138.72966);
      latlng[1] = new google.maps.LatLng(35.34385, 138.75205);
      latlng[2] = new google.maps.LatLng(35.33333, 138.71872);

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var opts = {
        zoom: 13,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng[0]
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);

      // 高度リクエストを送信するElevationServiceの作成
      elev = new google.maps.ElevationService();

      // PathElevationRequest
      var req = {
        path: latlng,
        samples: 10
      };
      elev.getElevationAlongPath(req, elevResultCallback);
    }
    
    function elevResultCallback(result, status) {
      if (status != google.maps.ElevationStatus.OK) {
        alert(status);
        return;
      }

      for (var i=0; i<result.length; i++) {
        new google.maps.Marker({position:result[i].location,
                        title:result[i].elevation.toString(),
                        map:map});
      }
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map" style="width:100%; height:100%"></div>
  </body>

</html>

このサンプルでは、getElevationAlongPath()に渡すためのPathElevationRequestに、3地点の緯度経度情報を含む配列である「latlng」を「path」プロパティとして設定し、「samples」プロパティに10という値を設定しています。 これによって、3点の始点から終点までの間の10箇所の高度情報が、自作のコールバック関数であるelevResultCallbackに渡されます。

コールバック関数内では、変数「status」に含まれる結果を確認し、失敗であればその内容をalert()で表示して終了しています。 成功であれば、結果の数だけfor文を繰り返し、結果として返された各地点に高度情報をtitleとするMarkerを設置しています。

表示例

表示例です。