地図がクリックされたときの処理

ここでは、地図がクリックされたときの処理を紹介します。

サンプル

このサンプルは、地図がクリックされるとalert()を利用してクリックされた座標を表示します。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    
    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var latlng = new google.maps.LatLng(39, 138);
      var opts = {
        zoom: 5,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);

      // clickイベントを取得するListenerを追加
      google.maps.event.addListener(map, 'click', clickEventFunc);
    }

    function clickEventFunc(event) {
      alert(event.latLng.toString());
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map"></div>
  </body>

</html>

このサンプルのポイントは、「google.maps.event.addListener(map, 'click', clickEventFunc)」を利用して変数「map」として表現されている「Map」でのクリック処理発生時に「clickEventFunc」という自作functionが呼び出されるようにしている点です。 イベントの種類として、ここでは「'click'」を利用していますが、「click」以外に、地図ドラッグ中に発生する「drag」や、地図にマウスポインタが入ったときに発生する「mouseover」などもあります。

Mapクラスにおける「click」イベント発生時に呼び出されるfunctionの引数は、MouseEventですが、MouseEventには「latLng」というLatLngクラスがプロパティとしてあります。 このサンプルでは、LatLngオブジェクトを文字列表示するために「toString()」というメソッドを利用してalert()で表示しています。

表示例

表示例です。