GXmlHttpを使ってCGIに情報を渡す

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、Google MAPS APIでAJAXを行うための基礎的な要素であるGXmlHttpの説明を行います。 前述した例ではXML情報を取得しましたが、CGIからの情報を一方的に読み込むだけでは出来ることが限られてしまいます。 ここでは、自由度をあげるためにGXmlHttpからCGIに対してデータを送信する方法を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。 今回のサンプルは、クリックする度にクリックした地点をCGIに伝えます。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    function onGMapClick(overlay, point) {
      if (point) {      
        var request = GXmlHttp.create();

        var url = "gxmlhttp-4.cgi" + "?x=" + point.x + "&y=" + point.y;

        var request = GXmlHttp.create();
        request.open("GET", url, true);
        request.onreadystatechange = function() {
          if (request.readyState == 4) {
            var xmlDoc = request.responseXML;
            var xy = xmlDoc.documentElement.getElementsByTagName("xy");

            document.getElementById("show_x").innerHTML =
                xy[0].getAttribute("x");

            document.getElementById("show_y").innerHTML =
                xy[0].getAttribute("y");
          }
        }
        request.send(null);
      }
    }

    function onLoad() {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.addControl(new GSmallMapControl());
      map.addControl(new GMapTypeControl());
      map.setCenter(new GLatLng(36.03, 139.15), 13);

      GEvent.addListener(map, 'click', onGMapClick);
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="onLoad()">
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>

    <P>x : <div id="show_x"></div></P>
    <P>y : <div id="show_y"></div></P>

  </body>

</html>

前述したXMLファイル取得例と違うのは、request.open()で指定する先のCGIに値を渡しているところです。 例えば、経度・緯度が100,50でクリックをしたときには、var urlに入るURLは「gxmlhttp-4.cgi?x=100&y=50」になります。

GXmlHttpが利用されるタイミングも前述した例と違います。 今回はクリックされる度に利用されます。 言い換えると、クリック毎にHTTPコネクションがCGI宛に発生します。

CGIの中身は以下のようになっています。 このサンプルCGIはPerlで書いてありますが他の言語でも同じ事ができます。



#!/usr/bin/perl

use CGI;

my($cgi) = new CGI;

$x = $cgi->param('x');
$y = $cgi->param('y');

print "Content-Type: text/xml\r\n";
print "\r\n";

print "<idokeido>\r\n";
print "  <xy x=\"$x\" y=\"$y\" />\r\n";
print "</idokeido>\r\n";

exit;


このサンプルでは、Perlを使ってCGIを書いています。 Google Maps APIからのクリック情報はPerlのCGIモジュールを使って取得しています。 「$cgi->param('x')」と「$cgi->param('y')」というのが緯度と経度の情報を「gxmlhttp-4.cgi?x=100&y=50」というURLから取得しています。

Content-Typeがtext/xmlである部分は前述した例と同じです。

XMLとしてGXmlHttpに返す緯度経度情報はxyというタグに書き込まれます。

表示例

表示例です。

下の方の文字列はAJAXを使って取得しています。 多少ややこしいですが、下に表示されている情報はGXmlHttp経由でCGIに渡されて、CGIがXMLにしてGXmlHttpに渡しています。 CGI内部で緯度・経度情報をいじるようなものを作れば下に表示されるXとYの結果はいじったものになります。