画面上に画像を固定表示する

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


GScreenOverlayを利用すると、画面上に固定された画像表示ができます。 マーカーの場合は、地図と共に移動してしまいますが、GScreenOverlayは地図ではなく画面(スクリーン)に対して固定されます。 GScreenOverlayは、コンパスやロゴマークの表示に使うのが良いと公式リファレンスには書いてあります。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=1&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));

      var point = new GLatLng(36.03, 139.15);

      map.setCenter(point, 10);


      var imageUrl = "http://www.geekpage.jp/img/geek-title.png";
      var screenXY = new GScreenPoint(50, 100);
      var overlayXY = new GScreenPoint(0, 0);
      var sz = new GScreenSize(200, 100);

      var overlay = new GScreenOverlay(imageUrl, screenXY, overlayXY, sz);

      map.addOverlay(overlay);

    }
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

GScreenOverlayオブジェクトを作成するためには、GScreenPointオブジェクトとGScreenSizeオブジェクトを作成する必要があります。 まず、GScreenOverlayの最初の引数は画像URLです。

次の引数は、表示するスクリーン位置です。 Google Mapsの左下部分が基点となっています。 単位はピクセルです。

3つ目の引数は、第二引数で指定した起点からの位置です。 第三引数と第二引数をうまく組み合わせると、画像の一部を非表示にすることが出来ます。 上記サンプルでは、全部出したいので(0,0)としています。

4つ目の引数は、表示される画像のサイズです。 GScreenSizeオブジェクトとして生成し、GScreenOverlayへの第四引数として渡します。

表示例

表示例です。