GLog.writeによるログ出力

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、GLog.writeを使ってログメッセージを出力する方法を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。 クリックする度にログに出力されます。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width: 300px; height: 300px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 13);
    }

    GEvent.addListener(map, 'click', function(overlay, point) {
      if (point) {
        GLog.write(point);
      }
    });
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

クリックを処理するには、GEvent.addListenerを利用します。 上記サンプルでは、クリックが発生するたびに緯度と経度を表示しています。

alertを利用して毎回ログのようにメッセージを出すことも可能ですが、OKボタンを押すまで処理が止まってしまうなどの弊害があります。 GLog.writeを使えば、ログが勝手に流れてくれるので便利です。 また、ある程度オブジェクトを判断して表示をしてくれるのも便利です。

表示例

GLog.writeとIFRAMEの相性が悪そうなので、表示例は直接ご覧下さい