HTTP POST(Net::HTTP)

ここでは、HTTP POSTメソッドを使ってHTTP通信を行う方法を説明したいと思います。

サンプル

HTTPでは、POSTメソッド(HTTP的なメソッドであり、rubyのクラスメソッドではないので注意。以下、大文字で書くPOSTはHTTPのプロトコルで定義されているメソッドを表します)を使うとクライアント側からサーバ側にデータを送信できます。

HTTPオブジェクトのpostメソッドの引数の一つ目はHTTPのPATHです。 二つ目の引数は、POSTを行うBODY部分です。


#!/usr/bin/ruby

require 'net/http'

http = Net::HTTP.new('www.yahoo.co.jp')

response = http.post('/', 'ei=UTF-8&p=test')

p response.body

サーバからクライアントに送信されるHTTPレスポンスのBODYは、HTTPのレスポンスオブジェクトのbodyメソッドを利用して取得できます。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!