OCUP

OMG認定技術者教科書 OCUPファンダメンタル

翔泳社

単行本(ソフトカバー), ISBN : 4798111872

2006-09-23

¥ 3,024

no review

基礎からはじめる UML2.4

ソーテック社

単行本, ISBN : 4881669982

2013-04-20

¥ 78

no review

基礎からはじめる UML2.4

ソーテック社

Kindle版, ISBN : 4881669982

2014-06-15

¥ 78

Amazon customer review

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
なお、実際のサービスのインターフェースが変更され、本書内の解説と実際の画面が異なることがありますので、ご了承ください。


UMLが登場して、すでに10年以上が経過しました。その間に、IT技術も大きく変わりました。開発の主流も、メインフレーム、クライアント/サーバからJava EEや.NETなどのWebベースの分散システムになっています。また、現在はJavaによるビジネスシステムだけではなく、組み込みのシステム開発も増えています。 このようなインフラやミドルウェアの変化に伴い、設計技術であるUMLもこれらのIT技術に対応し、新たにUML2.xとなりました。 UML2.xは、Java EEや.NETのコンポーネント設計に対応しました。これにより、今までのUMLでは記述できなかったインターフェースの設計が行えるようになりました。具体的には、クラス図で無理に書いていたインターフェース記述を、新しいUML2.xのコンポーネント図により正確に設計できるのです。

本書は、UML2.xの機能と使い方をわかりやすく解説しています。
今回の改訂にあたり、最新のUML2.4に対応し、プロファイル図を追加しています。
また、事例を用いながら、具体的なUMLによる設計を学習してくことができます。
さらに、OCUPの学習用としても利用できます。

ビジネスアナリシスのためのUMLモデリング読本

アジャイル出版

Kindle版, ISBN : 4881669982

2013-12-28

¥ 78

Amazon customer review

ビジネスアナリシスの現場では、対象業務の仕組み、そこに存在する概念や関係に業務ついて理解し、ステークホルダーと業務についてコミュニケーションし、隠れている課題や要求を引き出し、ソリューションを検討できることが必要です。
 
そこで役立つのが“ドメインモデル”や“概念モデル”と呼ばれるUML(Unified Modeling Language)を使ったモデリング技法です。UMLは、すでにソフトウェア開発では一般的なモデルの表記であり、ソフトウェア技術者を対象にUMTPやOCPUなどの認定試験も行われています。ビジネスアナリシスの分野でも、2009年に出版されたビジネスアナリシスのバイブルとも言えるBABOK?ガイド(ビジネスアナリシス知識体系ガイド)で、テクニックとしてUMLが盛り込まれています。
 
本書の目指すところは、ユーザ企業のIT部門やユーザ部門が独力でUMLを活用したモデリングができるようになることです。それによってビジネスアナリシスでの引き出しやコミュニケーションが円滑になり、要件定義や要求開発やシステム開発の質が高まることをねらいとしています。
  
ビジネスアナリシスの現場でよくある誤りは、現場で必要な表記とモデリングという知的活動を“試験に合格することで会得できる”と勘違いしていることです。これらの試験に合格することは無駄ではありませんが、試験にはドメインモデリングでは必要ない表記もたくさん出題されますので、おのずと表記の丸暗記に走ります。モデリングについても、“モデリングした結果”の傾向を丸暗記しているだけの人がよくいます。その結果、合格者でも現場ではドメインモデルが作れないという人はたくさんいます。また、ビジネスアナリシスの現場で勉強会をして、試験に出るぐらいの内容を教えてみたら「もうお腹一杯です」という答えが返って来た経験もあります。
 
このような経験から、本書で扱うUMLの表記は認定試験の一番簡単なレベルよりもずっと少ないです。当然ながら、すでにモデリングを実践していて、より高いレベルを目指している人は対象読者としていません。ドメインモデリングの高レベルの本を探しているのであれば、この本はまったくおすすめしません。
 
一方で、モデリングの過程については、“スローモーション”のようにゆっくりと丁寧に説明するように努めました。これまでのUMLの入門書が1、2ページで説明しているところに何倍かのページを割いています。そしてスローモーションで説明したことを、繰り返したり、段階的に拡張しながら徐々に理解していけるようにしています。また説明も、“高校生でも理解できる”レベルまで難しい表現を避けて書きました。
 
文字数:約14900文字

基礎からはじめるUML 2.1

ソーテック社

単行本, ISBN : 488166641X

2008-06-14

¥ 1

no review

last modified 2018/1/16 07:26:01


書籍情報は自動でリンクしているため、同音異義語など不適切なリンクが一部ございますがご容赦ください。