日本でもIPv4アドレス移転の申請手続き開始

   このエントリをはてなブックマークに登録    2011/8/2-2

8月1日にJPNIC管理下にあるIPv4アドレスの移転が可能になりました。 IPv4アドレス移転申請手続きが以下のURLで公開されています。

http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-01113.html
JPNIC: IPv4アドレス移転申請手続き

上記URLで、移転先および移転元が満たすべき条件や、申請手続きの流れ、申請申込書への記入事項等が書かれています。

APNICでのIPv4アドレス移転

APNICでのIPv4アドレス移転は、2010年1月から移転手続き受け付けが開始されています。 7月11日付けのデータを見ると、8件の移転処理が行われたのがわかります。

移転処理は8件ですが、1つの移転処理で複数のIPv4アドレスブロックの移転が行われている事例もあるので、IPv4アドレスブロックとしては13個となっています。 IPv4アドレスブロックの大きさは/24〜/19です。

http://ftp.apnic.net/transfers/apnic/

それによると、移転を行った移転元/移転先が所属する国は、オーストラリア、ニュージーランド、日本でした。 今のところ、同じ国内の組織同士がIPv4アドレス移転を行っており、国境を跨いだ移転は無いようです。

   このエントリをはてなブックマークに登録