「努力をしない人間」を見抜けるか?

   このエントリをはてなブックマークに登録    2009/1/16-2

現実味を帯び始めた「サバイバル」に対する反応で「努力をしない人間は滅びればいい」というものがありました。 昔は私もバリバリその発想で「努力をしない人間はクズ」という趣旨の発言をしていたような気もしますが、最近はあまりこの発想にならなくなったような気がします。

努力をしていない事を見抜くのは難しい

「何かをしている」事を発見することと比較すると、「何もしていない」事を発見するのは難しいです。 「何もしてないんじゃないか?」という事を推測することは出来たとしても、それが濡れ衣である場合もあります。 実は隠れてコッソリ努力をする事が美徳の人なのかも知れません。

そして、濡れ衣だった場合は双方とも嫌な思いをするだけです。

情報が欠落しているだけではないか?

「コイツ努力してない」と思っている相手の家庭内で家族が倒れたり病気になっていたと後になって知るようなこともあります。 そのような場合、厳しい態度を取っていた自分を責めたくなることもありそうです。

その人が努力をしない事で自分が困るかどうか

その人が「努力をしない」事によって困るのが自分でなければあまり気にしないことにしようと思うことがあります。

ただ、同じプロジェクトの重要部分を担っている人間が手を抜くと大変な目にあってしまいます。 しかし、仕事などでは進捗管理が行われる事が多いので、何もしない人のところには自動的に仕事が行かなくなるだけの話です。 そして、仕事をしない人をどうするかは同僚の判断ではなく、恐らく経営者が判断する内容だろうと思います。 開発人数が減って負担が増えるなどの困り方が極端ではない場合、その人が努力をする人かどうかは実はあまり関係ない気がしてきています。

その人は他の所では「努力の人」かも知れない

人は、多くの場合様々な立場毎に振る舞いを使い分けています。 例えば、会社でやる気がゼロの人であっても、どこかのコミュニティでは超有名人で尊敬をされているかも知れません。 学校や研究室ではやる気がない人のように思えても、何かのサークルや部活動では代表を務めたり中心人物なのかも知れません。

自分と興味や目指すものが違うだけで「努力していない」と決めつけるのはあまり好ましくないのかも知れません。 まあ、その「道」に対する情熱という意味で「努力をするつもりがない」という感じではあるのかも知れませんが。

でも、これって単に冷たいだけかも

でも、実は「努力をしない」と怒っている方がまだ暖か味があるのかも知れません。 要は自分に関係がなければ「知らない」と言っているのに近いわけですから。。。

「努力」を演出することも時には必要

逆に、立場を変えて「努力をしていない」と思われないための話です。

「努力をしていない」と思われないように「イカニモ努力シテマス」的なオーラを出して周りを納得させるようなライフハックも必要な時があると思われます。 折角努力をしているのに、断片的な情報を持つ人が「努力してない」とレッテルを貼ってしまうような状況は損です。

例えば、本当は凄くがんばっているのに謙遜して「全然やってませんよ」と発言したとします。 発言を聞いた相手が例えば部外者で、謙遜ではなく「本当にやってない」と思う事もあります。 情報が限られている人ほど謙遜と本音の違いがわかりません。 「私はがんばってる!」と強烈にアピールする必要はありませんが、必要以上に謙遜して損をするのもあまり得策ではない気がします。

謙遜ではない場合もあり得ます。 例えば、本当はかなり多くの時間を真面目に作業をすることに費やしていたにも関わらず、ネット上で「ケーキ作ってる。(ハート)」と書いたとします。 本人にとっては、ちょっとした1時間程度の息抜きぐらいは許される、と思っていたとしても、「陰ながらコツコツがんばっている」という事実を知らない外部の人間は、「不真面目」というレッテルを張ってしまう可能性があります。

まあ、露骨に「私はやっている!!!」というのをいつもやっていると嫌われそうですが、ある程度はあった方が良いような気がします。 バランスって難しいですね。

「努力をしている」ように見える人に恩恵が集まりがち

努力をしていない人よりも、努力をしている人に恩恵が集まる傾向がありそうです。

私も「努力してるなぁ」と思える相手に対してかなり優遇することがあります。 学校でも「努力」をしている思えた学生に対しての課題成績を優遇するという話も昔は良くありました。

最後に

「努力」という言葉は非常に曖昧だと思われます。 人によって定義は違いますし、「努力」を努力と認めるための閾値(しきいち/threshold)も様々です。

時として「努力」が義務のように語られる時もありますが、必ずしも「努力」は人に強制するものじゃないと思い始めた今日この頃です。

   このエントリをはてなブックマークに登録   



トラックバック

冷静と努力のあいだ [SIer魂]
Geekなぺーじ : 「努力をしない人間」を見抜けるか?仰っていることは大体理解できるのですが、「努力をしていない」と思われないように「イカニモ努力シテマス」的なオーラを出して周りを納得させるようなライフハックも必要な時があると思われます。Geekなぺーじ :...

コメント

そもそも楽しいことなら自然と努力するし、嫌なことなら適当にやってさっさと流したりするもんです。

でも日本では「型どおりにできない=努力してない」と捉えられることが多いんですよね・・・
浅田
努力はなれだと思う。
まず楽しくなくてもがんばる
→結局世の法則にきづく。
→少しネガティブになる。
→でも、努力なしには幸運なんてないと思う。
→いい具合に、自分のために努力する。


あきみち

アカマイ 知られざるインターネットの巨人

インターネットのカタチ もろさが織り成す粘り強い世界
「インターネットのカタチ - もろさが織り成す粘り強い世界 -」関連資料

マスタリングTCP/IP OpenFlow編
「マスタリングTCP/IP OpenFlow編」関連資料

Linuxネットワークプログラミング




外部サイト

プレコ王国
ディスカス魂
金魚タイムズ
YouTubeチャネル
Twitter
Facebook

フィードメーター - Geekなぺーじ
Copyright (C) Geekなページ.
All rights reserved. 無断転載や無断コピーなど、私的利用の範囲を逸脱した利用はおやめ下さい.