ブログのアクセス数を上昇させる21の戦術

2006/9/3

21 Tactics to Increase Blog Traffic」という記事があったので要約してみました。 意訳をしたり、削ったりした部分もあるので詳細は元記事を参照してください。 一部、注釈もつけてみました。

仮に、Geekなぺーじのブログは、この記事に書いてあるほとんどの事が(できて || して)いません。。。はぁ(ため息)。

1.適切なブログソフトを利用すること
どのブログソフトを使うかで大きな違いが出ます。 もし、他のサイトとの差別化を図りたければブログソフトを自作するのがお勧めです。 多くの場合、WordPressBloggerMovableTypeTypepadで満足できますが、ゼロからブログソフトを書くことにより非常にカスタマイズされたものを生成できるようになります。 自作の道にすすむのであれば、OpenSourceCMSを使うと参考になります。
2.ブログを自分のドメイン下に置くこと
外部のブログサービスなどを使って自ドメイン外にブログを配置するのは最もやってはいけないことです。 ブログはリンク、アテンション、知名度、検索エンジンランクなどを上げる効果があります。 ブログを外部に配置するのは自分の足を打ち抜くようなものです。
3.タイトルタグは2種類のユーザを意識して書くこと
フィードから来る人と、サーチエンジンから来る人両方を対象としたタイトルのつけかたを考えましょう。 検索エンジンからのユーザを対象とする場合、まず最初に短いtitleを書いてみてから、OvertureWordTrackerKeywordDiscoveryなどで確認をするのが良いでしょう。 より良い単語の組み合わせや、並び順が発見できるかも知れません。 (日本の場合はOverture日本語ページですかね。)
4.関連するネットコミュニティやブログに参加すること
どのような分野でも、既に存在しているオンラインコミュニティがあるはずです。 そのようなネットコミュニティを探す良い方法としては、Technoratiで検索をしてリンク数で並び替えをしたり、del.icio.usのタグを利用するのが良いでしょう。 (日本では、はてなですかね。)
5.自分のコンテンツにタグ付けを行うこと
ブログの記事を真っ先にタグ付けすべきなのはTechnoratiです。 (日本では、はてなが最も大手だと思われます。自分の記事をタグ付けして投稿するのはどうなんだろうとは思いますが。。。) 他にもdel.icio.usFlickrもお勧めです。
だたし、あなたの全ての記事をポストするのは適切ではありません。 あなたの記事のうち、20個に1個ぐらいが適切でしょう。(18番を参照)
6.コメント無しで開始すること
コメントが0の日が毎日続くのは寂しいものです。 空虚で人気の無いブログに見えてしまいます。 幸いな事に簡単な解決方法があります。 最低でも1日20ユニークユーザが無い状態ではコメント欄を開放しなければ良いのです。 RSSへの登録数が100を越え、1日に750ユニークユーザ以上が来る日になってはじめてコメント欄を開放すれば良いのです。 技術に精通しているビジターはコメント欄を使ってこちらの技量を試しに来ます。 こちらの準備が整うまでは実力を秘密のベールに隠したままにしておきましょう。
7.流行を追わないこと
世の中の全てのブロガーによって語られるべき議題というのは存在するかもしれませんが、ほとんどの議題はそうではありません。 大きな話題があるからといって、あなたのブログでその事を議論する必要はありません。 良いブログのほとんどは、流行を追ってません。 これは、彼らが既に有名でニュースの元として扱われるからです。 あなたが新しいブログを始める場合、あなたのブログがユニークで価値のあるものであることを世間に示さなくてはいけません。 皆が語っている話題に対するあなたの感想だけでは不十分です。
ただし、これはあなたと同じ分野を扱うブログの数が少ない場合にはあてはまりません。
8.リンクは慎重にすること
リンクの張り方には注意をしましょう。 例えば、Wikipediaのように有名なサイト自体に関しては特にリンクを張らなくても大丈夫でしょう。 ただし、Wikipediaの特定のページに関して言及する場合にはリンクは必要です。 また、他のブロガーが書いている文章や、その他のオンライン文書から引用する場合にはリンクを張らない行為は無礼であるとみなされる事が多いです。 このような場合、リンクを張らないという行為により軽蔑される事があり得ます。 リンクに関しては太っ腹である方が良い場合が多いでしょう。
9.ゲストブロガーに記事を書いてもらうこと
あなたの業界で有名な人に短い記事を書いてもらうのは、あなたのブログの価値を上昇させる良い方法です。 その人の名前で人を呼ぶだけではなく、その人のブランドと関係があることを証明できます。 あなたが既に有名である場合、自分とは異なる分野で有名な人をゲストブロガーとして呼ぶという方法もあります。 ゲストブロガーで最も注意しなくてはならないのは、実際に記事を投稿する前に了承を得る事です。 了承を得ずに、ゲストブロガーという扱いで記事を書いてしまうと悪影響しかありません。
10.有名になるまで広告を控えること
AdSenseが含まれるブログは嫌いです。 ブログを見た目で判断するのは偏見かもしれませんが、色々なブログを見ていると、質の低いブログはAdSenseを使っていて、質の高いブログは使っていない事に気づくと思います。 (日本ではそんなことは無いと思われますが。。。英語圏ではそうなんでしょうか?不明。) ブログが成功するまでは広告を使わないことをいつもお勧めしています。 広告があるサイトは登録者数や提起購読者数が増えにくい傾向があります。 少なくとも有名になるまでは来る人を減らす事はしたくありません。
11.文字以外も含むこと
文字がひたすら続くだけのブログは読みにくいです。 絵、図、インタラクティブコンテンツ、マルチメディアコンテンツ、グラフなどがあるページの方が読みやすいです。
blockquote、インデント、などを工夫して文字コンテンツを見やすくするのも良いでしょう。
12.注目されるネタを扱うこと
どのような分野でも、よく話題になるが明確な答えが少ない質問というものがあります。 例えば、ある特定の車種に関する掲示板で、その車種の平均価格を知りたがっている人が多くいるのであれば、価格を教えてあげれば良いのです。 調査に時間をかけて、その成果を配信すればリンクを張る価値のあるコンテンツが出来上がり、新規訪問者と登録者を呼び込めます。
13.訪問者動向を分析すること
訪問者解析ソフトを使うと、どの記事が最も人気があるかがわかります。 どのような記事が参照されないか、検索エンジン経由で訪問するユーザ動向などもわかります。
RSSではFeedburner(日本ではfeedburner.jp)が良いです。 Indextoolsも個人的には好きです。
14.生身の「声」を使うこと
ブログでは、カリスマはユーザに対する「声」により発生します。 人々は感情移入、共感、おもいやり、権威、誠実さを好みます。 これらを念頭に置きながらブログを書けば成功しやすくなります。 謙虚さを忘れない事も非常に重要です。 何を言うかだけではなく、どうやって言うかも気をつけましょう。 感情的になって書いたエントリは、1,2時間待ってから投稿しましょう。 その間に何度か読み直して本当に投稿するかを考えましょう。 フィードという仕組みの元では、一度投稿たものは取り消せません。
15.効果的にアーカイブすること
最適なアーカイブは、サブジェクトと日にちにより分類されています。 サーチエンジン対策としては、コンテンツ全体をアーカイブページに含んだ方が良いでしょう。 しかし、ユーザビリティを考えると各エントリのリンクだけを並べた方が良いでしょう。 あなたのゴールに応じて、この2つの方式を使い分けてください。
16.smart URLを実装すること
ブログにおける最も良いURLは、短くて、かつ、内容がわかる情報を含むものであると思います。 ハイフンが10個も使われているブログタイトルがURLになっているようなものは好きではありません。 ただ、その方がURLにパラメータを渡す形のURLよりは、ずっとマシです。 例えば、?ID=450 を /450 に書き換えただけで検索エンジンからの訪問者が劇的に増えた経験がいくつかあります。
17.可能な限り暴露すること
ブログ界はオープンソース的なwebの考え方を好みます。 一般的には秘密情報とされるようなネタを提供できれば、あなたのブログは価値があるものになるでしょう。 例えば、原価、契約問題、うわさ話などです。 どこまでが書いても良いかの判断を行い、ギリギリの線を攻めましょう。 それにより、多くのリンクとトラフィックを得られるでしょう。
18.20個に1個しか呼び込み記事にはならない
全ての記事がDiggDel.icio.us/popularに値するわけではありません。 宣伝のしすぎは批判されます。 ブログが無名であればあるほど興味を引くのは困難です。 人気記事を作り上げるのはいつでもトライ・アンド・エラーの繰り返しです。 繰り返し、良いアイディアを含む記事を書き続けていれば20〜40個に1つは人気記事になるでしょう。
19.アクセス数が多い日を有効利用すること
もし、人気記事があるのであれば、その効果を還元しましょう。 人気ブロガーからのリンクされるなどの大チャンスは逃さないようにしましょう。 大量の新規訪問者が来ているうちに、出来るだけ品質の高い記事を2-3個続けて投稿しましょう。 人々の関心を集めている間に記事を書く能力を示せれば、そのまま一部のユーザは定着してくれるでしょう。 大チャンスが発生してから48時間以内にブログを更新せずに放置するとチャンスは無かった事になります。
20.ユーザに予想をさせてそれを実行すること
記事の分野、記事を追加するタイミング、興味の範囲、などはあなたのスタイルになります。 一度確立したスタイルから大きく外れる事をすると、読者との関係を悪化させてしまう可能性があります。
もし、特定の分野の専門家としてのブログを構築する場合、その分野の最新情報に関しては常に把握するようにしましょう。 読者が期待している情報を提供するようにしましょう。
同様の事は更新頻度にもあてはまります。 1日2回記事を更新していたサイトが2週間に4回しか記事を更新しなくなるとユーザ数が激減するでしょう。 長期休暇を取るなと言っているわけではありません。 適切にスケジュールを組んでRSS登録者と提起購読者を減らさない努力が必要だという事です。 ゲストブロガーや時限式ポストを使うという手もあります。
21.ブランドを確立すること
ブログにおける最も重要な要素は恐らくブランディングでしょう。 zefrank (注:wikipedia) によると、良いブランドになるためには、人がそのブランドと関わりたくなるようにすることが必要だそうです。
一度ブランドを確立したら、そのブランドを貫き通す事が重要です。 人々が好きなブランドが出来上がってしまうと、反動なしに形を変えるのは難しくなります。 もし、これから新しいブログをはじめるのであれば、そのブログの目指すところをあらかじめ明確にしておく事を強くお勧めいたします。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!