ヨーロッパ、中東、中央アジア地域のIPv4アドレス在庫が枯渇

2012/9/15-1

ヨーロッパ、中東、中央アジア地域のRIPE-NCCが、IPv4アドレス在庫の最後の/8ブロックからの割り振りを開始しました。

RIPE-NCCのリリース文に直接的に「枯渇」と書いていないようですが、最後の/8ブロックからの割り振りポリシーに突入したということで、RIR(Regional Internet Registry)におけるいわゆる「IPv4アドレス在庫が枯渇」の状態になりました。

これで、日本が属するアジア太平洋地域のAPNICに続いて、ヨーロッパ/中東/中央アジア地域のIPv4アドレス在庫が枯渇したことになります。 世界5つのRIRのうち、2つが枯渇状態になりましたが、残りの3つも2年以内に枯渇状態に陥るものと予想されています。

最近のエントリ

過去記事

過去記事一覧

YouTubeチャンネルやってます!