ロリン・マゼール氏(80歳)によるベートーベン全交響曲の高品質音響&3Dネット中継

2010/12/30-1

12月31日 13:00-23:35に行われる「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」が、3D Ustream配信、24bit 96kHz音響、H.264 IPv6マルチキャストなど、様々な手法を駆使した同時並列高品質配信されます。

このクラシックコンサートは、そもそも演奏そのものも凄いです。 2010年に80歳を迎えた、巨匠のロリン・マゼール氏が13:00-23:35まで指揮をします。 プログラムを見ると、5部に別れていて1時間ぐらいの演奏後に、三枝成彰氏や出演者によるトークが入り、その後休憩も入るので10時間以上ぶっ続けで演奏が行われるわけではありませんが、それでも80歳のロリン・マゼール氏がベートーベン交響曲第1番から9番までを10時間半かけて指揮をするのは凄いコンサートなのだろうと思います。

ベートーヴェンの交響曲1番から9番までを一日で演奏する「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会」は、2003年から毎年大晦日に開催されていますが、ベートーヴェンの全交響曲を一つのオーケストラで一日に全曲を指揮するのはロリン・マゼール氏にとって初めてだそうです。 管弦楽は岩城宏之メモリアル・オーケストラ、コンサートマスターはNHK交響楽団第1コンサートマスターの篠崎史紀氏です。

12月31日に行われるネット中継

ただ、今回、私が注目したのはコンサートそのものではなく、インターネット上でのストリーミングが行われる点です。 「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」は、様々な方法を最新手法を利用して無料配信されます。 これは、世界中のできるだけ多くの人々に演奏を届けたいというロリン・マゼール氏の意向によるものです。

三枝成彰氏のオフィシャルサイトで公開されている「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010 世界的巨匠ロリン・マゼールが満を持して登場! 80歳で挑む初の“振るマラソン”」を見ると、プラチナ席は10万円(D席は7千円)と書いてあります。 これが無料でネット配信されるという点も面白いのですが、24bit 96kHzの高音質でネット配信されたり、最近話題の3Dでネット配信されるというのも非常に面白いです。

以下が、「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」で行われるネット中継です。

HD Ustream配信:
720p H.264映像+2ch音響
http://www.ustream.tv/channel/beethoven-2d
HD 3D Ustream配信:
PCや、PCからのHDMI出力を3D TVで表示するためのUstream配信。720p H.264 3D映像+2ch音響
http://www.ustream.tv/channel/beethoven-3dtv
スマートフォン用3D Ustream配信:
3D表示が可能なスマートフォン用の3D Ustream配信、低解像度3D映像+2ch音響
http://www.ustream.tv/channel/beethoven-3d
静止画+高音質Ustream配信:
静止画と24bit 48kHzのUstream配信
http://www.ustream.tv/channel/beethoven-audio
WMT 1920x1080 3D映像+5.1ch配信:
Windows Media PlayerでHD 3D配信を見るためのストリーミング。WMTは5.1チャンネル音響が可能。
mms://a4a-3d.wide.ad.jp/wmv-3d
WMT 24bit 96kHz Audio配信:
24bit 96kHz 2chの高音質配信。音響のみ。CD品質が16bit 44.1kHzなので、それと比べると量子化粒度が細かい。
mms://a4a-2496.wide.ad.jp/wma-2496
WMT 24bit 48kHz Audio配信:
24bit 96kHz版と聞き比べるために用意。
mms://a4a-2448.wide.ad.jp/wma-2448
WMT 24bit 96kHz Audio IPv4マルチキャスト配信:
24bit 96kHz 2chをIPv4マルチキャストで配信。音響のみ
http://a4a.wide.ad.jp/wmt/2496multi-v4.htm
WMT 24bit 96kHz Audio IPv6マルチキャスト配信:
24bit 96kHz 2chをIPv6マルチキャストで配信。音響のみ
http://a4a.wide.ad.jp/wmt/2496multi-v6.htm
IPv6マルチキャスト:
VLCを利用してH.264+5.1ch音響で世界中に向けてマルチキャストされます。
udp://@[FF7E:140:2001:D30:101:1:8150:3D30]:5555

一つのイベントで、これだけ色々な方法でネット中継をしてしまうというのは珍しいと思います。

3D映像ネット中継

「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」では、UstreamとWMTによるフルHD 3D映像ネット中継がそれぞれ行われます。 ストリーミング配信のためのソースとなる3D映像と5.1ch収録は、3D放送技術を初期から研究している(株)NHKメディアテクノロジーが担当しています。

今回利用される3D映像技術的は、水平方向に映像を半分に圧縮して左目用と右目用の縦長になった二つの映像を一つの映像ストリームとして配信するという、サイドバイサイド(Side by Side)方式で送信されるというものなので、UstreamやWMTなどのストリーミングサーバ側としては通常の映像配信と変わりません。

視聴者側では、UstreamやWMTで受信した映像をフル画面表示にしたパソコン+NVidia 3D Visionを使って3D映像を見ることもできます。

HDMI出力があるパソコンと3Dテレビを繋ぐことでネット中継されている3D映像を3Dとして一般家庭で見ることも出来ます。 パソコン側で映像をフル画面表示し、それをHDMIで出力し、その入力を受けるテレビ側では3Dのサイドバイサイド機能をONにするだけです。

この写真では、PCからのHDMI出力をサイドバイサイドとして認識してテレビに表示しています。 ノートPC画面では左右に二つの映像が表示されているのに、テレビ画面側では3D表示になっています。 また、テレビ画面の右上をよく見ると「USTREAM」という透かしが入っているのがわかります。 この写真はテレビ側のサイドバイサイド機能をONにした状態ですが、この機能をOFFにすると、パソコン画面と全く同じように左右二画面がテレビに表示されます。

これは、サイドバイサイド映像が単に真ん中で区切った2枚の映像であるために実現できています。 サイドバイサイドを扱う3Dテレビは、真ん中で切った二つの映像を重ね合わせて3D表示するだけという単純な仕様であるため、どのような入力からでも3D映像を扱えるという柔軟性が実現されています。

なお、Ustreamでは通常の2D映像での配信も行われます。

Ustreamによるスマートフォンへの3D映像ネット中継

12月15日に、Ustream Asiaから「Ustream Asia、Android搭載スマートフォン向けに 3D動画視聴対応アプリケーションを提供開始」というプレスリリースが行われました。 3D対応スマートフォン向けのUstreamが行えるようになったというものです。

スマートフォン対応の機能ということなので、3Dとして見るには対応機種が必要になりますが、 GALAPAGOS Softbank 003SHを持っている人は「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」を3Dで見られます。

WMTによる24bit 96kHz音響配信

普通のPCだけでは、16bitの音響になってしまうので、WMTの高音質ストリーミングを体感するには、受信者側にそれなりの設備が必要です。

具体的には、PCにDAコンバータを接続して、DAコンバータを経由した音響出力を行う環境を受信者側で用意する必要があります。 PC用のUSB-DACを使うという方法が一般的だと思われます。

たとえば、以下のようにパソコン→USB経由FOSTEX HP-A3→ヘッドフォン、のような構成で聴くことができます。 この写真では、USB経由でFOSTEX HP-A3が受け取った24bit 96kHz音響をDAコンバージョンして聴けるようにしてあります。


WMTでは、24bit 48kHz版と24bit 96kHz版の2種類のストリーミングが行われます。 受信側で、その二つの違いを楽しんでもらうために二つにしてあるそうです。

ただ、24bit 48kHz版は、16bit 44.1kHzのCD品質よりも品質が高いので、24bit 48kHz版で既に通常よりも高品質と言えるのかも知れません。

(ただし、96kHzよりも高音質な192kHz音響によるクラシックデータは既に販売されています。今回のストリーミングは一般的なストリーミングよりも高品質という話であり、音質そのものが世界初とか超最高品質という位置づけではないのでご注意下さい)

マルチキャスト

「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」は、マルチキャストでも配信されます。 マルチキャストは、一般商用ISPでは利用できませんが、学術ネットワークを中心としたマルチキャスト網が運用されており、そこに向けてIPv4とIPv6の両方でマルチキャスト配信されます。

マルチキャストという技術は、送信者側で一つのパケットとして投げたものを途中のルータが必要に応じて複製することで送信者への負荷が極端に減るというものであるため、ネット中継を行っている送信者側がマルチキャスト受信者数を正確に把握するのは困難ですが、マルチキャスト配信を受け取りそうな相手としては以下のような組織があるそうです。 これらは、世界的なマルチキャスト運用グループの主なメンバーであり、そこに対して告知が行われるということのようです。

  • アメリカのInternet2
  • ヨーロッパのGEANT
  • オーストラリアのAARNET
  • 中国のCERNET
  • アジア太平洋地域のTEIN3やAPAN

SOI Asiaでの衛星インターネットIPv6マルチキャスト中継

衛星通信+IPv6マルチキャストを利用したSOI Asia Projectでも、今回のネット中継が行われるようです。 SOI Asia Projectは、以下のような形で衛星を活用したIPv6マルチキャスト映像配信を行っています。

今回は、衛星経由のIPv6マルチキャストでアジア14か国(インドネシア、ラオス、ミャンマー、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、モンゴル、ネパール、カンボジア、バングラデシュ、シンガポール、東ティモール、日本)への配信を行うとともに、マレーシア科学大学にサテライト会場を設置して、「アジアの子ども向けプログラム」が行われるようです。

HD-SDI over IP

東京文化会館で行われているコンサートの模様がHD-SDI over IPを利用して慶應義塾大学日吉キャンパス協生館まで3D映像+5.1ch音響で配信されます。 一般公募によって集まった参加者が、会場にある映像/音響装置を通じてサテライト会場でバーチャルに10時間強のコンサートを聴くようです。

HD-SDI over IPを実現する機器としては富士通IP-9500が利用されています。


富士通 IP-9500

最後に

いままで、このような方向性のストリーミングは想像したこともありませんでしたが、こういった取り組みが今後増えてくるのかも知れないと思った今日この頃です。

関連URL

最近のエントリ

過去記事

過去記事一覧

YouTubeで技術解説やってます!