人間関係が崩壊する原因

2008/9/29-1

7 Common Reasons Relationships Fail」という記事がありました。 崩壊した人間関係は人生における大きなストレスと不幸せの原因であり、それらを防ぐために「人間関係における失敗」を記述しています。

以下、要約です。 誤訳等の可能性があるので、是非原文もご覧下さい。

1. 嫉妬

親友に対しても嫉妬してしまうことがあるのは皮肉である。 嫉妬は競争意識や距離感を感じている時に発生する。 誰かが成功したら祝福するようにしたい。

また、パートナーは信頼しよう。 疑いは毒である。 疑われた方は不快に感じてしまう。 パートナーによって嫌な事をされるのは自分のせいではない。 しかし、自分が原因なのに相手を疑ってしまうと人間関係は崩れていく。

2. 愛着

本当の愛と情熱的な愛着は別である。 誰かに対して情熱的に愛着を持ってしまうと、相手の興味を引きたくなってしまう。 度が過ぎる愛着は、他への嫉妬や強要に繋がりやすくなってしまう。 適度な愛着は必要であるが、相手からの完全なアテンションを期待してはならない。

3. 支配

最も深い中であったとしても、相手の自由は尊重されなければならない。 相手を支配しようとすると、問題が発生する。

人はしばしば自分がどれだけ支配的かに気がつかない。 親は子供のためと言いつつ自分の人生を押し付けているだけの場合がある。 支配は人間関係を崩す可能性がある。

4. わがまま

わがままは、人間関係における問題発生源である。 自分勝手な考え方をするとき、人は自分の事だけを考える。 相手からは最大限の賞賛とサポートを期待しつつ、相手には何も与えない。

自分だけの事を考えている間は人間関係に苦しむだろう。 会話を支配するのではなく相手の話を聴く時間をとろう。 クレクレ君になるのではなく、与えよう。

5. 時間がない

大事なものに対して時間は消費されていく。 遅くまで働いているということは、最も大事にしているものはそれであるということになる。 パートナーとの時間をおろそかにすると、愛されていないと感じさせてしまうかも知れない。 最も大事な事のために時間を作る事は可能だ。 上司に人生の全てを捧げるような事は避けることができる。 時間を作るならば、パートナーが楽しむことをしよう。 単に職場の付き合いのためのパーティにつれまわしても意味が無い。

6. 時間があり過ぎる

人にもよるが、一人の時間が必要な人もいる。 いつでも一緒にい過ぎると窒息してしまう。 強力な人間関係には、適度な離別時間が必要である。

7. 問題点ばかりを見る

成功する人間関係では、相手の弱点をある程度許す必要がある。 相手の失敗ばかりに着目し、相手が変わることを望み続けても良くない。

強い人間関係は、建設的な批判や提言を許せる間柄である必要がある。 しかし、相手の欠点を指摘する事に取り付かれないように気をつけなければならない。 相手が行った悪いことよりも、良い事を覚えるようにしよう。 残念ながら人間は悪いことに着目しやすい。 あまりに、悪い事に着目し過ぎると長期的な問題を発生させてしまうかもしれない。

最近のエントリ

過去記事

過去記事一覧

YouTubeチャンネルやってます!