バリューコマースAPI利用準備

ここでは、バリューコマース APIを使う前の準備を説明したいと思います。 バリューコマース APIを使うためには、3つの準備が必要です。

  • バリューコマースへのアフィリエイトサイト登録が終了していること
  • PDB対応ECサイトと提携していること
  • API用トークン(token)を取得している事

バリューコマースへの登録

バリューコマース社が提供するサービスを利用してアフィリエイトを行うには、申し込みを行ってWebサイトの審査を受ける必要があります。

バリューコマース社の審査は多少厳めであると言われています。 工事中が多すぎたり、ページ数が少なすぎたり、公序良俗に反するサイトは審査で落ちやすいので注意しましょう。

PDB対応ECサイトとの提携

バリューコマースAPIを利用するためには、PDB(Product DataBase)対応サイトと提携する必要があります。 PDB対応サイトは通常サイトと並列して存在しているので注意して下さい。 例えば、PDBが最も有効に利用できるであろうサイトの「Yahoo! Shopping」は、通常ECサイトとPDB対応ECサイトの両方が存在しています。

PDB対応サイト一覧を見るには、オファー(プロモーション)検索で「キーワード」を選択して「PDB」というキーワードでオファーリスト検索を行ってください。

APIトークンの申し込み

最後に、APIトークンを取得する必要があります。 トークンの申請はPDBサイトとの提携が承認された後に行って下さい。

APIトークンは、ValueCommerce社宛「support@valuecommerce.ne.jp」にメールをして取得します。 メールには、「登録サイト名(あなたが運営しているサイト名)」と「登録URL(あなたが運営しているサイトのURL)」を書いてください。

API利用審査基準は提携先ECサイトによって違うそうです。 そのため、一度API利用申請が通った事があっても、別ECサイトでは断られる事があるそうです。 また、API利用希望者が多くなり過ぎたら新規申請を中断する可能性があるとの注意書きもありました。 (2007年6月現在)


プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!

   このエントリをはてなブックマークに登録