フリーフォントKendoScore

KendoScore.ttfは、剣道のスコアを表示するためのTrueTypeフォントです。 剣道のスコアは、文字が丸で囲まれたものです。それらをコンピュータ上で表現しやすいようにフリーフォントを作りました。

Webでの表示や印刷用資料の作成など、様々な用途で自由にご利用頂けます。商用利用も可能です。

表示例

表示例 文字 UTF-16数値 数値文字参照 スコアの意味
1 1 0x0031 1 一本勝(国際表記)
C C 0x0043 C 抽選勝ち(国際表記)
D D 0x0044 D 胴(国際表記)
E E 0x0045 E 延長(国際表記)
H H 0x0048 H 反則2回(国際表記)
K K 0x004b K 小手(国際表記)
M M 0x004d M 面(国際表記)
T T 0x0054 T 突き(国際表記)
h h 0x0068 h 判定勝ち(国際表記)
× × 0x00d7 × 引き分け
0x25b2 ▲ 反則
0x25cb ○ 不戦勝ち、棄権、試合不能および不当行為
0x30b3 コ 小手
0x30c4 ツ 突き
0x30c9 ド
0x30e1 メ
0x5224 判 判定勝ち
0x53cd 反 反則2回
0x62bd 抽 抽選勝ち

数値文字参照は、英語入力のみのシステムで日本語表記スコアを表示するときなどに便利です。

KendoScore.ttfのライセンス

KendoScore.ttfは、IPA Minchoをベースに作成されており、IPAフォントの派生プログラムです。そのため、KendoScore.ttfのライセンスはIPAフォントライセンスv1.0に準じます。

Webフォントとして利用する方法

CSS3で新たに追加された@font-faceを利用することにより、Webサーバに保存されたフォントをユーザのWebブラウザに表示させることができます。これにより、ユーザのパソコンなどにインストールされていない文字を表示させられます。

KendoScoreをWebサーバに設置したうえでCSS3の@font-faceを利用することにより、画像ファイルを用意することなく剣道のスコアをWebブラウザに表示できます。

以下、KendoScoreを@font-faceで利用したサンプルです。HTMLファイルと同じフォルダにKendoScore.ttfが置いてある前提で書かれています。


<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<style type="text/css">
<!--
@font-face {
  font-family:kendoscore;
  src: url(KendoScore.ttf);
}
.kendoscore {
  font-family:kendoscore;
}
-->
</style>
</head>
<body>
<p class="kendoscore">反メコドツ▲DHKMT</p>
<p class="kendoscore">&#x30c4;</p>
</body>
</html>