地図の種類を切り替える

ここでは、Google MAPS JavaScript APIを使って地図の種類を切り替える方法を紹介します。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS JavaScript APIを使ったページのソースです。 HTMLのbuttonタグで作成されたボタンを押すと、地図が衛星表示に切り替わります。 一般的には、地図の切り替えは地図上に表示されたMapTypeControlをクリックすることで行いますが、JavaScriptから直接変更することも可能です。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    
    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var latlng = new google.maps.LatLng(39, 138);
      var opts = {
        zoom: 6,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);
    }

    // 衛星地図に変更する
    function changeMapType() {
      map.setMapTypeId(google.maps.MapTypeId.SATELLITE);
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map" style="height:360px"></div>

    <!-- このボタンが推されると衛星地図に変わる -->
    <input type="button" value="衛星地図に変更" onClick="changeMapType()" />
  </body>

</html>

このサンプルでは、buttonがクリックされるとchangeMapType()という自作functionが作動するようにしてあります。 changeMapType()内では、setMapTypeId()メソッドがSATELLITEというMapTypeIdを引数として利用されることによって地図を衛星表示に切り替えています。

表示例

iframe経由の表示例です。