地図上にふきだしを表示

InfoWindowを利用すると、ふきだしを表示できます。 ここでは、InfoWindowを地図上に表示する方法を紹介します。

サンプル

このサンプルは、チェックボックスの状態に応じてMarkerの表示/非表示を切り替えます。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    
    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var latlng = new google.maps.LatLng(39, 138);
      var opts = {
        zoom: 6,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);

      // InfoWindowの初期設定
      var infoWindowOpts = {
        position: new google.maps.LatLng(39.1, 138.1),
        content: "Test Test Test"
      };
      // 直前で作成したInfoWindowOptionsを利用してInfoWindowを作成
      var infowin = new google.maps.InfoWindow(infoWindowOpts);

      // 地図上にInfoWindowを表示
      infowin.open(map);
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map"></div>
  </body>

</html>

InfoWindowのコンストラクタは、InfoWindowOptionsを引数として取ります。 このInfoWindowOptionsに設定項目をセットすることによって各種設定を行います。

このサンプルでは、「position」としてふきだしの位置を設定し、「content」としてふきだしの内容を設定しています。 contentの中身をHTMLとして記述することも可能です。

表示例

表示例です。