buttonと組み合わせる

ここでは、Google MAPS JavaScript APIとbuttonを連動させる例を説明したいと思います。

サンプル

このサンプルは、ボタンがクリックされる度にMarkerの表示/非表示を切り替えます。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    var marker;

    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var latlng = new google.maps.LatLng(36, 140);
      var opts = {
        zoom: 6,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);

      // Markerの初期設定
      var markerOpts = {
        position: new google.maps.LatLng(36, 140),
        map: map,
        title: "my marker",
        visible: false  // 最初は非表示
      };
      // 直前で作成したMarkerOptionsを利用してMarkerを作成
      marker = new google.maps.Marker(markerOpts);
    }

    // ボタンがクリックされると呼び出されるfunction
    function buttonclick() {
      // buttonのElementを取得
      var button = document.getElementById("btn");

      marker.setVisible(!marker.getVisible());

      if (marker.getVisible() == true) {
        // マーカが表示状態であればボタンを「マーカを非表示」に変更
        button.value = "マーカを非表示";
      } else {
        // マーカが表示状態であればボタンを「マーカを表示」に変更
        button.value = "マーカを表示";
      }
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map" style="height:360px"></div>

    <p>
    ボタンを押す度にマーカの表示/非表示が変わる:
    <input type="button" id="btn" onClick="buttonclick()" value="マーカを表示" />
    </>
  </body>

</html>

上記サンプルでは、id="btn"というボタンがクリックされる度にbuttonclick()というfunctionが呼び出されます。 buttonclick()内では、getVisible()メソッドを利用してMarkerの状態を取得し、それとは逆の値をsetVisible()することで、Markerが表示状態であれば非表示に、非表示状態であれば表示状態へと変更しています。

Markerの状態に応じてbuttonの表示内容も変更しています。 Markerが表示状態であればボタンは「マーカを非表示」とし、逆に非表示状態であればボタンを「マーカを非表示」としています。

表示例

表示例です。