Google Mapsの上にアニメーションGIFを配置する

ここでは、Google MAPS APIとstyle sheetを組み合わせて、地図上に画像を配置する方法を紹介します。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>

    <style type="text/css">
      html { height: 100% }
      body { height: 100%; margin: 0px; padding: 0px }
      #map { height: 100% }
    </style>

    <script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    var map;
    
    // 初期化。bodyのonloadでinit()を指定することで呼び出してます
    function init() {

      // Google Mapで利用する初期設定用の変数
      var latlng = new google.maps.LatLng(39, 138);
      var opts = {
        zoom: 6,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
        center: latlng
      };

      // getElementById("map")の"map"は、body内の<div id="map">より
      map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="init()">
    <div id="map" style="width:400px; height:400px; z-index:0; position:absolute;"></div>
    <img src="/web/google-maps-api/img/genshi-anim.gif"
       style="z-index:1;position:absolute;left:150px;top:150px;" />
  </body>

</html>

上記サンプルでは、Google maps上にGIF画像を貼り付けています。 上記サンプルのポイントはスタイルシートを使っている事です。

一つ目のポイントは、Google mapの方の「div id="map"」と「img」の両タグのスタイルに「position: absolute」が入っていることです。 「position: absolute」を使うと、親要素を基準とした絶対的な位置指定を行えます。 これを行うことにより、Google mapとGIF画像の位置を設定しています。

次のポイントは、「z-index」を指定していることです。 z-indexを使うと、重なりの順序を指定できます。 z-indexで指定した数値が大きいものほど、上位に表示されます。 上記サンプルでは、Google mapのz-indexを0にして、GIF画像を1にしているので、GIF画像の方が上に表示されています。 z-indexプロパティは、positionプロパティでstatic以外の値が指定されている要素に適用されます。 今回のサンプルでは「position: absolute」を使いましたが、relativeもしくはfixed使っても同様の事ができます。

上記サンプルのポイントは、Google mapと上に来る画像が独立していることです。 Markerを使っても同様の事は出来ますが、アニメーションGIFと一緒にGoogle mapをアニメーションさせたいときに、Markerだとちらついたり重かったりと結構不便です。 スタイルシートを使ってしまっえばこららの問題が解決します。 Google mapでアニメーションしながら、アニメーションGIFを貼り付ける方法は「Google Mapsアニメーション+アニメーションGIF」をご覧下さい。

今回のサンプルはアニメーションGIFを画像として使いましたが、PNGやJPEGなど、その他の画像ファイルでも同様の事が行えます。

表示例

表示例です。