拡大地図のふきだしを出す

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここではshowMapBlowupを利用する方法を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。 showMapBlowupを使うと地図内に拡大地図をふきだし内に表示できます。 showMapBlowupに渡す引数によっては拡大地図ではなく縮小地図をふきだしに出すことも可能です。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));

      var point = new GLatLng(36.03, 139.15);

      map.setCenter(point, 10);


      var opts = new Object();
      opts.zoomLevel = 12;
      opts.mapType = G_SATELLITE_MAP;

      map.showMapBlowup(point, opts);

    }
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

このサンプルでは、zoomLevelを12の衛星写真をふきだしの中に表示しています。 opts.zoomLevelを変更すると縮尺を変更できます。 opts.mapTypeを変更すると地図の種類を変更できます。 G_SATELLITE_MAP(衛星写真)、G_NORMAL_MAP(普通の地図)、G_HYBRID_MAP(ハイブリッド)が指定可能です。

表示例

表示例です。