ふきだし内のメッセージにHTMLを利用する

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、地図上に表示するふきだしの中身をHTMLで表現する方法を説明したいと思います。 ふきだしの中身をHTMLで書く事により、改行を行ったり、文字の色を変えたり、画像を貼り付けたりする事が可能になります。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。 ふきだしを出す部分がopenInfoWindowではなく、openInfoWindowHtmlになっている点にご注意下さい。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 13);


      map.openInfoWindowHtml(map.getCenter(),
             "openInfoWindow<br> Test");

    }
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

ふきだしで表示する文字列にHTMLを使っています。

表示例

表示例です。