マーカー上にマウスが来たらふきだしを表示

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここではマーカーのmouseoverイベントを処理する方法を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));

      var point = new GLatLng(36.03, 139.15);

      map.setCenter(point, 10);

      var marker = new GMarker(point);
      map.addOverlay(marker);

      GEvent.addListener(marker, 'mouseover', function() {
        marker.openInfoWindow(
             document.createTextNode("openInfoWindow for marker"));
      });
    }
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

このサンプルのポイントは、GEvent.addListenerをGMarkerに対して行っているところです。 GMarkerのイベントはGMap全体のイベントと違い、引数が無いfunctionが呼ばれます。 GEvent.addListenerの第2引数はマウスがマーカ上に入ったことを示す「mouseover」とすることがポイントです。

marker.openInfoWindowを利用してマーカー上にふきだしをつけています。

表示例

表示例です。 マーカ上にマウスを移動するとInfoWindowが表示されます。

追記:2007/12/4

2007年12月現在、IEでopenInfoWindowが動作していないようです。 FirefoxとOperaでは動作しています。

もし、このスクリプトが動作してないようでしたらopenInfoWindowの代わりにopenInfoWindowHtmlをお試し下さい。