maptypechangedイベントを取得する

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、Google MAPS APIを使ったmaptypechangedイベント処理の例を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 13);
      map.addControl(new GMapTypeControl());
    }

    GEvent.addListener(map, 'maptypechanged',
                       function() {
        document.getElementById("maptype_event").innerHTML = "changed";
    });

    //]]>
    </script>

    <div id="maptype_event"></div>

  </body>

</html>

maptypechangedイベントは、地図表示から衛星表示への変更や、衛星表示から地図表示への変更により発生します。 maptypechangedイベントを処理するには、GEvent.addListenerを利用します。 上記サンプルでは、maptypechangedイベントが発生するたびに"changed"という文字列を表示しています。(ただし、このサンプルでは同じ場所に書くだけなので最初の一回以外は変更されているのがわからないかも知れません。)

表示例

表示例です。