Google MAPS APIの単純な例

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、Google MAPS APIを使った単純な例を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:300px; height:300px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 13);
    }

    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

太字にしてある「key=aaaaa」の部分は取得したGoogle MAPS API keyを入れます。

太字にしてある「charset="utf-8"」の部分は日本語で使う場合にはあった方が良いです。 WEBサイトをUTF8で作成している人は問題ありませんが、その他の文字コードで作成しているとIEなどのブラウザが「エラー:'GMap'は宣言されていません」とか「エラー:インターネットサイト ×××× を開けません。操作は中断されました。」と言ってGoogle MAPSを表示してくれない場合があります。

ただ、「charset="utf-8"」でも駄目な場合には、IFRAMEを使ってGoogle MAPS専用ページを作るのが良いでしょう。 下記iframeサンプルの「ファイル名.html」というファイルに、上記Google MAPS APIサンプルのようなHTMLを作れば大丈夫だと思われます。


<iframe src="ファイル名.html"></iframe>

上記のサンプルはHTMLファイル全体を示しています。 実際にWEBページに貼り付ける時にはもっと単純になります。 まず、HTMLのHEADタグの中にscriptタグを入れます。 Google MAPSはjavascriptで出来ていますが、HEADの中のscriptタグを使ってgoogleから直接Google MAPS API用のjavascriptをダウンロードしています。


<HEAD>

titleやmetaなど、その他タグをここに書いても良いです

  <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
      type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

titleやmetaなど、その他タグをここに書いても良いです

</HEAD>

次に、BODYタグ内(HTML本文)に以下のコードを入れればGoogle MAPS APIを使えます。


  <body>
    <div id="map" style="width:300px; height:300px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 13);
    }

    //]]>
    </script>
  </body>

表示例

表示例です。 結局iframe経由にしました。