GXmlHttpにPHPからXMLを渡す

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、Google MAPS APIでAJAXを行うための基礎的な要素であるGXmlHttpの説明を行います。 前述した例ではCGIを使ってXMLを取得しましたが、同じ事をPHPでも行えます。 ここでは、GXmlHttpとPHPの組み合わせを紹介したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    function onLoad() {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.addControl(new GSmallMapControl());
      map.addControl(new GMapTypeControl());
      map.setCenter(new GLatLng(36.033333, 139.15), 13);
      
      var request = GXmlHttp.create();
      request.open("GET", "gxmlhttp-3-xml.php", true);
      request.onreadystatechange = function() {
        if (request.readyState == 4) {
          var xmlDoc = request.responseXML;
          var xy = xmlDoc.documentElement.getElementsByTagName("xy");

          document.getElementById("show_x").innerHTML =
              xy[0].getAttribute("x");

          document.getElementById("show_y").innerHTML =
              xy[0].getAttribute("y");
        }
      }
      request.send(null);
    }

    //]]>
    </script>
  </head>

  <body onload="onLoad()">
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>

    <P>x : <div id="show_x"></div></P>
    <P>y : <div id="show_y"></div></P>

  </body>

</html>

前述したCGIからのXML取得例と違うのは、request.open()で指定する先がファイルではなくPHPである事です。 GXmlHttpにXMLを渡すときには、Content-TypeがXMLであることを示していなければならないため、PHPでheader()を使ってContent-Typeを設定します。 PHPの中身は以下のようになっています。



<?php

header("Content-Type: text/xml");

print "<idokeido>\r\n";
print "  <xy x=\"139.15\" y=\"36.03\"/>\r\n";
print "</idokeido>\r\n";

?>


XMLを解析している部分はXMLをファイルから取得している例と同じです。 xyというタグからxというアトリビュートとyというアトリビュートを取得しています。 このサンプルでは、XMLから情報は下部に表示しています。

表示例

表示例です。 下の方の文字列はAJAXを使って取得しています。