面積を計測する

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、GPolygonによるポリゴンが覆っている面積を計算する方法を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。 強調してある部分がポイントです。

GPolygonのクリック処理を登録するには、GEvent.addListenerを利用します。 以下のサンプルでは、ポリゴンがクリックされるとalert経由でGPolygonが表示されている部分の面積を計算します。

GPolygonをIEで表示するにはVMLが必要になります。 VMLを動作させるためには、HTMLタグ内のxmlnsとHEAD部分にVML用のスタイルが必要なのでこれを忘れないようにご注意下さい。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
    xmlns:v="urn:schemas-microsoft-com:vml">
  <head>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaa"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>
    <style type="text/css">
    v\:* {
      behavior:url(#default#VML);
    }
    </style>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:450px; height:400px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(36.033333, 139.15), 11);

      var points = [];
      points[0] = new GLatLng(36.060, 139.15);
      points[1] = new GLatLng(36.020, 139.15);
      points[2] = new GLatLng(36.031, 139.00);
      var polyline = new GPolygon(points);

      map.addOverlay(polygon, '#000000', 3, 0.5, '#FF0000', 0.5);

      GEvent.addListener(polygon, 'click', showArea);
    }

    function showArea() {
      var meters = polygon.getArea();
      alert(meters + ' 平方メートル');
    }

    //]]>
    </script>
  </body>
</html>

表示例

表示例です。