GPolygonクリック処理

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、GPolygonがクリックされたときの処理を説明したいと思います。

GPolygonを使ったサンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。 強調してある部分がポイントです。

GPolygonのクリック処理を登録するには、GEvent.addListenerを利用します。 以下のサンプルでは、ポリゴンがクリックされるとalertが呼び出されるようになっています。

GPolygonをIEで表示するにはHTMLタグ内にxmlnsが必要なのでこれを忘れないようにご注意下さい。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
    xmlns:v="urn:schemas-microsoft-com:vml">
  <head>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaa"
        type="text/javascript" charset="UTF-8"></script>
    <style type="text/css">
    v\:* {
      behavior:url(#default#VML);
    }
    </style>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:450px; height:400px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(36.033333, 139.15), 11);

      var points = [];
      points[0] = new GLatLng(36.060, 139.15);
      points[1] = new GLatLng(36.020, 139.15);
      points[2] = new GLatLng(36.031, 139.00);
      var polyline = new GPolygon(points);

      map.addOverlay(polygon, '#000000', 3, 0.5, '#FF0000', 0.5);

      GEvent.addListener(polygon, 'click', function showClick() {
        alert('clicked');
      });
    }

    //]]>
    </script>
  </body>
</html>

表示例

表示例です。