ふきだしを閉じる

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、javascriptを利用して地図上に出現しているふきだしを表示する方法を説明します。 openInfoWindowやopenInfoWindowHtmlなどを利用して表示したふきだしは、右上の×マークを押したり、別のふきだしを表示させたりするなどの動作で消す事ができます。 しかし、javascriptからふきだしを消したい場合もあります。 javascriptからふきだしを消すには、closeInfoWindow()を利用します。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。

サンプルでは、ふきだし内にFORMを作り、その中にボタンを設置しています。 そのボタンがクリックされたときの処理として、map.closeInfoWindow()を行っています。 そのため、サンプルではふきだし中のボタンをクリックするとふきだしが消えるようになっています。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width:500px; height:450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));

      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 13);

      map.openInfoWindowHtml(map.getCenter(),
        '<form><input type="button" value="閉じる" onclick="map.closeInfoWindow();"></form>');

    }
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

表示例

表示例です。