Google Mapsの上にアニメーションGIFを配置する

(注意!)この記事は、旧APIであるGoogle Maps API version 2を解説したものです。version 2の利用は推奨されていないので、意図的に旧バージョンの情報を探していない場合は、新しいバージョンの解説をご覧下さい。


ここでは、Google MAPS APIとstyle sheetを組み合わせて、地図上に画像を配置する方法を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    function onLoad () {
      var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
      map.setCenter(new GLatLng(37.441944, -122.141944), 11);
    }

    //]]>
    </script>

  </head>

  <body>

  <img src="img/genshi-anim.gif" style="z-index:1;position:absolute;left:150px;top:150px;">
  <div id="map" style="width:300px; height:300px; z-index:0; position:absolute;"></div>

  </body>

</html>

上記サンプルでは、Google maps上にGIF画像を貼り付けています。 上記サンプルのポイントはスタイルシートを使っている事です。

一つ目のポイントは、Google mapの方の「div id="map"」と「img」の両タグのスタイルに「position: absolute」が入っていることです。 「position: absolute」を使うと、親要素を基準とした絶対的な位置指定を行えます。 これを行うことにより、Google mapとGIF画像の位置を設定しています。

次のポイントは、「z-index」を指定していることです。 z-indexを使うと、重なりの順序を指定できます。 z-indexで指定した数値が大きいものほど、上位に表示されます。 上記サンプルでは、Google mapのz-indexを0にして、GIF画像を1にしているので、GIF画像の方が上に表示されています。 z-indexプロパティは、positionプロパティでstatic以外の値が指定されている要素に適用されます。 今回のサンプルでは「position: absolute」を使いましたが、relativeもしくはfixed使っても同様の事ができます。

上記サンプルのポイントは、Google mapと上に来る画像が独立していることです。 GMarkerを使っても同様の事は出来ますが、アニメーションGIFと一緒にGoogle mapをアニメーションさせたいときに、GMarkerだとちらついたり重かったりと結構不便です。 スタイルシートを使ってしまっえばこららの問題が解決します。 Google mapでアニメーションしながら、アニメーションGIFを貼り付ける方法は後述したいと思います。

今回のサンプルはアニメーションGIFを画像として使いましたが、PNGやJPEGなど、その他の画像ファイルでも同様の事が行えます。

表示例

表示例です。