マーカーを貼り付ける

Google maps apiでは、任意の位置にマーカーと呼ばれる印をつけることが出来ます。 ここでは、Google MAPS APIを使ったマーカーを貼り付け例を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=1&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width: 500px; height: 450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap(document.getElementById("map"));

      var point = new GPoint(139.15, 36.033333);

      map.centerAndZoom(point, 7);

      point.x = point.x + 0.1;
      point.y = point.y + 0.1;

      var marker = new GMarker(point);
      map.addOverlay(marker);

    }
    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

マーカーを貼り付けるにはmap.addOverlay(GMarker)を使います。 上記サンプルでは、初期配置位置からちょっとだけずらした場所にマーカーを配置しています。

上記サンプルでは、今までの例と違ってmap.centerAndZoomの第一引数で渡す変数をあらかじめ作成してから使っています。 これは、中心からちょっとずらした値を作りたかったためで、あまり深い意味はありません。 もちろん、new GMarker(point)ではなく、new GMarker(new GPoint(139.25, 36.133333))とやってもかまいません。 また、map.centerAndZoom(new GPoint(139.15, 36.033333), 7)でも全く同じ動作になります。

表示例

表示例です。