ふきだし+クリック処理

ここでは、クリックを行うたびにふきだしが表示される例を説明したいと思います。

サンプル

以下のサンプルはGoogle MAPS APIを使ったページのソースです。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>Google Maps JavaScript API Example - simple</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=1&key=aaaaa"
        type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="map" style="width: 500px; height: 450px"></div>
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    if (GBrowserIsCompatible()) {
      var map = new GMap(document.getElementById("map"));
      map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4);
    }

    GEvent.addListener(map, 'click', function(overlay, point) {
      if (point) {
        map.openInfoWindow(point,
             document.createTextNode("clicked"));
      }
    });

    //]]>
    </script>
  </body>

</html>

クリックを処理するには、GEvent.addListenerを利用します。 上記サンプルでは、クリックが発生するたびにmap.openInfoWindow()が実行されてふきだしを表示しています。

表示例

表示例です。