匿名を守るために

匿名でブログを行う場合、匿名であり続ける事を意識しなければなりません。 ちょっとした油断で、身元を割り出す鍵を流出させてしまうことがあるので注意しましょう。

注意点

匿名を守るために注意すべき事の例を挙げてみました。 ブログの記事中に以下のような情報を含んでしまうと、身元を特定されたり、特定のための鍵を与えたりしてしまいます。 ここに挙げる例以外にも色々あると思います。 匿名を守るためには、日々の意識が非常に大事です。

  • 自分の写真を載せない
  • 知人の写真を載せない
  • 家族の写真を載せない
  • 身の回りの出来事を頻繁に書かない。偶然知人が見てバレる事があります。
  • 会社の秘密情報を漏洩しない。会社に追求されてブログサービス側が情報提供してしまう可能性があります。
  • 名誉毀損になり得る事を書かない。法的に身元が暴かれる可能性があります。
  • 自宅周辺の写真を載せない。在住地域が特定されます。
  • 活動地域が特定できる情報を記述しない。
  • 生い立ちを書かない
  • 家族構成を書かない
  • 写真に緯度経度情報が含まれ無いように気をつける
  • オフ会等で気を抜かない

危ない瞬間

一般的に、匿名である事を保てなくなるのはある程度ブログを書き続けた後であると言われています。 言い換えると、ネタが尽きてきた時が一番危険であると言われています。

ネタが切れてくると、本来ならば公開しなくても良いような情報も徐々に公開するようになる傾向があるようです。 ネタが切れてきたと思い始めたら、危ない橋を渡るのではなく、ちょっとブログから離れて頭を切り替えたりするのがお勧めです。 気分転換をすると、ちょっとした事で新しいネタの鉱脈を発見することもあります。