アプリキャストプログラミング

ここでは、SONY社製テレビBRAVIAで動作させることができるアプリキャストウィジェットの作り方を解説します。

アプリキャストは画期的な取り組みと言えます。 今まで、テレビと言えばユーザは既存の製品を使うだけでしたが、アプリキャストの登場によって一般のユーザが作成したアプリケーションを動作させられるようになりました。 ユーザは、JavaScriptとXMLを使って独自のコードをBRAVIAで動作させることが出来ます。

組み込みプログラミングの一種になるため、一般のJavaScriptと違う部分も色々ありますが、慣れれば非常に楽しいです。

準備

アプリキャストSDKをダウンロードする

エミュレータを動作させる

ウィジェットとして最低限必要なもの

USBメモリから動作させる

利用可能メモリの制限

ウィジェットの投稿

作ったウィジェットを体験空間へ投稿する

体験空間からのウィジェット登録

プログラミング

Hello World!

モードを理解する

フォーカスモードサンプル

アクティブモードサンプル

フルモードサンプル

文字列表示

文字列に色をつける

スクロールする文字列

文字列の複数行表示

確認ダイアログ

警告ダイアログ

ソフトウェアキーボード

ピンコード入力

Webブラウザを起動する

PhotoPlayerを起動する

MusicPlayerを起動する

MoviePlayerを起動する

setTimeout

clearTimeout

setInterval

clearInterval

現在時刻を取得する

時計を作ってみる

XMLHttpRequestサンプル(1)

layout.xml

Bitmap

Text

RichText

Memo2D

Prim

アプリ設定

アプリ設定を有効にする

アプリ設定でテキスト入力を利用する

アプリ設定でシングルセレクトを利用する

アプリ設定でチェックボックスを利用する

TIPS

ウィジェットプログラミングにおける各種制限事項


サンプル

RSSリーダーサンプル

はてなブックマーク注目/人気エントリ サンプル

ブログ検索サンプル


資料集

JavaScript関数一覧