TCPを使う(3)

前述したTCPサーバ例は、処理の概要を示したかったのでエラー処理がありませんでした。 エラー処理のないコードは実際には使い物にならないので、エラー処理を追加したいと思います。

何回もクライアントと接続できるサーバ例(エラー処理付)

以下にエラー処理を追加したTCPサーバを示します。


#include <stdio.h>
#include <winsock2.h>

int
main()
{
 WSADATA wsaData;
 SOCKET sock0;
 struct sockaddr_in addr;
 struct sockaddr_in client;
 int len;
 SOCKET sock;
 int n;

 if (WSAStartup(MAKEWORD(2,0), &wsaData) != 0) {
	 return 1;
 }

 sock0 = socket(AF_INET, SOCK_STREAM, 0);
 if (sock0 == INVALID_SOCKET) {
	 printf("socket : %d\n", WSAGetLastError());
	 return 1;
 }

 addr.sin_family = AF_INET;
 addr.sin_port = htons(12345);
 addr.sin_addr.S_un.S_addr = INADDR_ANY;

 if (bind(sock0, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr)) != 0) {
	 printf("bind : %d\n", WSAGetLastError());
	 return 1;
 }

 if (listen(sock0, 5) != 0) {
	 printf("listen : %d\n", WSAGetLastError());
	 return 1;
 }

 while (1) {
   len = sizeof(client);
   sock = accept(sock0, (struct sockaddr *)&client, &len);
   if (sock == INVALID_SOCKET) {
	   printf("accept : %d\n", WSAGetLastError());
	   break;
   }

   n = send(sock, "HELLO", 5, 0);
   if (n < 1) {
	   printf("send : %d\n", WSAGetLastError());
	   break;
   }

   closesocket(sock);
 }

 WSACleanup();

 return 0;
}

今回の例では、printf()を使ってエラー内容を表示して終了しているだけです。 Windowsでプログラムを書く場合printf()はあまり使わないと思うので、必要に応じてエラー処理を変えてください。

ここでは、それぞれの関数がどのようなエラー値を返すのかという事に注目していただければと思います。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!