UDPでマルチキャストを使う(TTLの設定)

ここでは、UDPソケットでマルチキャストパケットを送信の際にTTL(Time To Live)を設定する方法を説明します。

TTLの設定

Mac OS Xの初期設定では、マルチキャストパケットはTTL 1で送信されます。 ローカルセグメントだけでマルチキャスト利用し、ルータを越える必要がない場合には問題はありませんが、ルータを越えるマルチキャストを行いたい場合には問題が発生します。 以下に、TTLの設定例を示します。


#include <stdio.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>
#include <netinet/in.h>

int
main()
{
 int sock;
 struct sockaddr_in addr;
 in_addr_t ipaddr;
 int ttl = 10;

 sock = socket(AF_INET, SOCK_DGRAM, 0);

 addr.sin_family = AF_INET;
 addr.sin_port = htons(12345);
 addr.sin_addr.s_addr = inet_addr("239.192.1.2");
 addr.sin_len = sizeof(addr);

 ipaddr = inet_addr("127.0.0.1");
 if (setsockopt(sock,
	IPPROTO_IP,
	IP_MULTICAST_IF,
	(char *)&ipaddr, sizeof(ipaddr)) != 0) {
	perror("setsockopt");
	return 1;
 }

 if (setsockopt(sock,
	IPPROTO_IP,
	IP_MULTICAST_TTL,
	(char *)&ttl,
	sizeof(ttl)) != 0) {
	perror("setsockopt");
	return 1;
 }

 sendto(sock, "HELLO", 5, 0, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));

 close(sock);

 return 0;
}