インターフェースからIPv6アドレスを削除

IPv6では、一つのネットワークインターフェースに対して複数のIPアドレスを設定できます。 そのため、新しいIPアドレスをネットワークインターフェースに設定することで、古いIPアドレスを無効にするということが出来ません。 既に設定されたIPv6アドレスを指定して削除するという手順が必要になります。

単純なIPv6アドレス追加プログラム

以下、IPv6アドレスを削除するサンプルです。


#include <stdio.h>
#include <string.h> /* for strncpy */

#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>
#include <sys/ioctl.h>
#include <netinet/in.h>
#include <net/if.h>

struct in6_ifreq 
{
  struct in6_addr ifr6_addr;
  u_int32_t ifr6_prefixlen;
  int ifr6_ifindex;
};

int
main()
{
 int fd;
 struct in6_ifreq ifr;
 char buf[256];
 int n;

 /* (1) */
 fd = socket(AF_INET6, SOCK_DGRAM, 0);

 /* (2) */
 memset(&ifr, 0, sizeof(ifr));
 inet_pton(AF_INET6, "2003::1", &ifr.ifr6_addr);
 ifr.ifr6_prefixlen = 64;
 /* eth0のIPアドレスを削除したい */
 ifr.ifr6_ifindex = if_nametoindex("eth0");

 /* (3) */
 n = ioctl(fd, SIOCDIFADDR, &ifr);
 if (n < 0) {
   perror("ioctl");
   return 1;
 }

 /* (4) */
 close(fd);

 return 0;
}

  • ioctl用のソケットを作成しています。ソケットはAF_INET6で作成する必要があります。
  • 削除するIPv6アドレスに関する情報を設定しています。
  • ioctlをSIOCDIFADDRで実行しています。
  • ioctl用に作成したソケットを閉じています。このサンプルではここで閉じていますが、必要に応じて適切な場所で閉じるようにして下さい。なお、閉じずに他の用途にソケットを再利用することも可能です。

上記サンプルの流れは、IPv6アドレス追加サンプルと全く同じです。 違いは、ioctlの引数を「SIOCDIFADDR」としていたところを「SIOCDIFADDR」としているところだけです。