インターフェースにIPv6アドレスを追加

ここでは、ioctlシステムコールを使ってIPv6アドレスをネットワークインターフェースに追加する方法を紹介します。 IPv6では、一つのネットワークインターフェースに複数のIPv6アドレスを設定できるため、「追加する」という形になります。

単純なIPv6アドレス追加プログラム

以下、サンプルコードです。


#include <stdio.h>
#include <string.h> /* for strncpy */

#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>
#include <sys/ioctl.h>
#include <netinet/in.h>
#include <net/if.h>

struct in6_ifreq 
{
  struct in6_addr ifr6_addr;
  u_int32_t ifr6_prefixlen;
  int ifr6_ifindex;
};

int
main()
{
 int fd;
 struct in6_ifreq ifr;
 int n;

 /* (1) */
 fd = socket(AF_INET6, SOCK_DGRAM, 0);

 /* (2) */
 memset(&ifr, 0, sizeof(ifr));
 inet_pton(AF_INET6, "2003::1", &ifr.ifr6_addr);
 ifr.ifr6_prefixlen = 64;

 /* eth0にIPv6アドレスを追加したい */
 ifr.ifr6_ifindex = if_nametoindex("eth0");

 /* (3) */
 n = ioctl(fd, SIOCSIFADDR, &ifr);
 if (n < 0) {
   perror("ioctl");
   return 1;
 }

 /* (4) */
 close(fd);

 return 0;
}

  • ioctl用のソケットを作成しています。ソケットはAF_INET6で作成する必要があります。
  • 追加するIPv6アドレスに関する情報を設定しています。
  • ioctlをSIOCSIFADDRで実行しています。
  • ioctl用に作成したソケットを閉じています。このサンプルではここで閉じていますが、必要に応じて適切な場所で閉じるようにして下さい。なお、閉じずに他の用途にソケットを再利用することも可能です。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!