8-8 送信バッファが溢れる例:送信側プログラム


#include <stdio.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>
#include <netinet/in.h>
#include <arpa/inet.h>

int
main()
{
  struct sockaddr_in server;
  int sock;
  char buf[65536];
  int n;

  /* ソケットの作成 */
  sock = socket(AF_INET, SOCK_STREAM, 0);

  /* 接続先指定用構造体の準備 */
  server.sin_family = AF_INET;
  server.sin_port = htons(12345);

  /* "127.0.0.1"の部分は必要に応じて変更して下さい */
  inet_pton(AF_INET, "127.0.0.1", &server.sin_addr.s_addr);

  /* サーバに接続 */
  n = connect(sock, (struct sockaddr *)&server, sizeof(server));
  if (n != 0) {
    perror("connect");
    return 1;
  }

  while (1) {
    printf("write %d bytes\n", sizeof(buf));
    n = write(sock, buf, sizeof(buf));
    if (n <= 0) {
      printf("write error: %d\n", n);
      break;
    }
  }

  /* socketの終了 */
  close(sock);

  return 0;
}

拙著「Linuxネットワークプログラミング」の紹介

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!